桐タンス修理例 大阪府Nさま

年が明けて早くも1カ月が経って
しまいました。
当たり前ですが、今年はあと11カ月。
一年は本当に早いもので、
年を重ねるごとに、時間の大切さを
より感じるようになってきました。
今年はあっという間に一年が経って
しまったということがないように、
時間を大切に使いたいと思います。

修理例やお客さまの声も少しずつ、
ブログで綴らせていただきますので、
再生される際の参考にしていただければ
と思います。

 

 

それでは・・・、早速ですが、
修理例をご紹介したいと思います。

以前にも曾祖父母さまの桐たんすの
再生をさせていただいたお客さまで、
今回また、小引出し箱二つを
ご依頼いただきました。

(修理前の桐の小引出し箱)

(修理前:斜めから)
小引出し箱は、富山で商店を
営まれていた曽祖父母さまが、
祖父母さまにも引き継がれ、
長年お店でお使いになられていたものです。



引出しの中には、昔の手書きの伝票
などが沢山入っていたそうです。
底板に書かれた購入時の記録からも
誠実なお人柄が感じられ、
小引出し箱の擦れて丸くなった角や
無数の細かな傷を眺めていると、
当時のお店の中のにぎやかな様子が
聞こえてくるようでした。

また、引出しにはご自宅で修理された
跡が見受けられ、直しながら大切に
使われていたことがうかがえました。

(木地修理後)


(再生後の小引出し箱)
仕上がりの色:オイル仕上げ
左:ブラウン・右:ダークブラウン
       

(再生後:斜めから)
大きな方の小引出し箱には、
ご希望の高さ18㎝の四隅タイプの鉄脚を
取り付けました。
上の写真は当工房での様子ですが、
Nさまのご自宅では、リビングの
正面に設置され、新築のお部屋との
相性もぴったりの様子でした。

数年前に桐たんすを再生して
納品させていただいた際に、
「どこにも売っていないものだね」
とお話されながら、桐たんすをやさしく
眺めておられたことを思い出しました。

今回の小引出し箱も、商店での忙しい
日々を曽祖父母さまのそばで、支え
続けたものと思います。
さらに祖父母さまの手のぬくもりも
重なり、そこには新しいものにはない、
どこかほっとさせられるあたたかみが
感じられます。

Nさまがお話されたように、
どこに探し求めても見つけることが
できない、かけがえのないものと
改めて感じさせられました。
これからも、ひ孫さまご家族の暮らしを
そばで見守り、思い出も積み重なりながら、
末永くご愛用されることを願っています。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

あけましておめでとうございます 2020

あけましておめでとうございます
本年もよろしくお願いいたします

「あけましておめでとうございます」に、
今年は句読点を付けていないんですよ。
テレビで句読点は終わりを意味すること
になり、祝いの挨拶にふさわしくない
というのを知って早速変更。

昨年のブログを見たら、やっぱり「◦」が
付いている~。
ということで、今年は改めました。

他にも賀詞の重複を避けるということで、
「あけましておめでとうございます」
「新年」「謹賀新年」などが賀詞に
なるのですが、重ねて使うのは誤り
ということです。
「新年あけましておめでとうございます」
賀詞が重複されている例だそうです。

時代とともに変化することもあり、
知らず知らずに使っていることも
ありますが、意味を知るとそうなんだぁ
と納得します。

年を重ねるにつれて、知らないよりも
知っていた方が面白かったり、
役立つこともあり、きちんとした知識は
持っておきたいものだと思います。
まだまだ勉強は続きますね。
今年はどんな新しいことを学べるか
楽しみです。


今年最初の写真はこんにゃく作りの
様子です。

お正月、実家ではこんにゃくを
作ってくれました。
年末にもご近所の方から手作りの
こんにゃくをいただいて、
刺身こんにゃくにしたり、豚汁や煮物、
炒め物に入れたりして、美味しく
いただいたところでした。

こんにゃくが大好きな私たちは、
作る工程にも興味深々。
こんにゃく作りが大好きな母は、
朝からこんにゃく芋の下ごしらえをし、
釜を準備して茹であげてくれました。

色々尋ねても、作業に没頭している
職人気質?の母には、聞こえているのか、
聞こえてないのか。
質問してもなぜかはっきりとは
教えてくれない・・・。
「見て覚えろ!」ということなの
でしょうか。

ブログはどこまで更新できるか心配ですが、
作業の様子や、お客さまの声をお伝え
していきたいと思いますので、
よろしくお願いいたします。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐たんす修理~仕事納め2019~

今日はとうとう令和元年の大晦日。
前回のブログの更新から
だいぶご無沙汰しています。
夏休みの宿題もそうですが、
最後の最後に駆け込むタイプなので、
一年の締めくくりの日は、
毎年じたばたしてしまっています。

朝から曇り空で、洗濯物が
乾かないなぁと思っていたら、
日差しが差し込み始めたので、
南天を取りに行っていた夫に
「大晦日の空を撮って」とリクエスト。
北風は冷たいのですが、澄んだ空を
見ると気持ちがいいものです。
明日もまた晴れた空が見られたら
いいなぁと思いながら。

今年も様々な桐たんすとの出会いがあり、
それ以上に素敵なお客さま方との
出会いがありました。
自分の好きなものを大事にしながらも、
違った角度で物事を見たり、
新しいものに触れていくことも
大事なことだと教えていただきました。

今年もありがとうございました。
来年は、いただいているお客さまからの
声をブログでたくさんご紹介させて
いただければと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

主人からも一言

今年も無事にこの日を迎え、
大そうじを終えてから今年の作業日誌を
見返しています。
記憶力の良い方ではない私ですが、
お客さまのお名前を見ると、
どんな桐たんすだったか、その姿が
頭の中に浮んできます。
また、お届けをしてお部屋に設置させて
もらった時の様子やお話したことなども
思い出され、桐たんすは元気かな?
どのようにお使いになっているかな?と
思いを馳せています。
お客さまとお話させていただく中で、
たくさんの新たな発見があります。
それをまた少しずつ、桐たんす再生に
つなげていきたいと思います。

今年もお世話になり、
ありがとうございました。
みなさま、どうぞ良いお年を
お迎えください。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

甘酒ドリンクで乗り切った?

長い夏休みをいただいたような、
とてもお久しぶりのブログに
なってしまいました。

今年の夏は酷暑で、夫は作業着を
一日に4~5枚取りかえるほど汗を
かき、休憩の時は我が家で一番涼しい
と思われる廊下にへばりついて
休んでいたので、
何とか乗り切ってもらうために、
今年から、米麹で甘酒のドリンクを
作ってみました。

巷でも甘酒商品を見かけるのですが、
いつの間にか影響されていたようです。
あともう一仕事頑張るために、
夕方の疲れた体に甘酒を補給します。

九月に入ってから涼しくなってきたと
思って暑さを忘れかけていたら、
この数日前から夏が戻ってきたような
暑さが続いたので、疲労回復のあれが
必要ということで、久しぶりに
冷凍保存していた甘酒で甘酒ドリンクを
作って飲んでみました。
甘酒ドリンク
米麹から作ったノンアルコールの甘酒で、
それだけでは少し飲みづらいので、
豆乳とバナナをミックス。
これを一気に飲むと、疲労回復出来たと
何故だか思ってしまうのです。

「甘酒は飲む点滴」というどこかで
聞いたフレーズと実際の甘酒の効果
なのかもしれません。

甘酒生活、夏だけでなくこれからも
続けてみようと思っています。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~時代仕上げ(時代茶)

七月に入り、こちらは梅雨真っ盛り
といった空模様が続いています。
雨の影響で、大きな災害が起きない
ことを願うばかりです。

もうすぐ七夕。
素敵な七夕飾りの短冊をいただいたので、
玄関のユーカリの枝にくくり付けて
みましたが・・・、
やっぱり笹の方がいいですね。織姫と彦星の短冊。彦星の方は、
青海波(せいがいは)の文様です。
広い海からの恩恵を感じさせ、
無限に広がっている波の文様に、
「未来永劫へと続く幸せへの願い」と、
「人々の平安な暮らしへの願い」が
込められた縁起の良い柄だそうです。
お願い事を書かずとも、
短冊にぴったりの文様でした。

書かずとも、また言わずとも、
思いや願いを伝えることができる、
このような日本の伝統文様。
便箋や小物、手ぬぐいなど、
様々なものに描かれているので、
家族や大切な方への贈り物にも
添えてみたいと思います。

 

さて、本日修理した桐タンスですが、
木地修理と調整を終え、塗装の前までで
一旦ストップしていました。
お客さまと仕上がりの色についての
最後の打ち合わせ後、いつでも塗装に
取りかかれるように、焼いてスス落とし
まで終わらせていました。
次のお客さまの桐箪笥に取りかかりつつ、
梅雨空の様子を見て、塗装に適した
比較的湿度の低い日を狙っておりました。

今日を逃すと、またしばらく雨が
降り続く予報。曇り空と湿度計を見て、
「今日塗る!」と決断しました。

塗り始めるにしたがい、湿度も下がり、
ストーブを焚かなくても、砥の粉が
程よく乾いてくれました。
時代仕上げは、表面をバーナーで焼いて、
ススを落とし、砥の粉をのせて仕上げる
桐タンス特有の仕上げ方法です。

表面を触ると、凸凹しており、これは、
柔らかい冬目(木目の幅が狭いところ)が、
堅い夏目(木目の幅が広いところ)よりも
多くススとなって落ち、夏目部分が残る
ためです。
他の樹種とは違い、桐は冬目の方が
柔らかく、これも焼き桐ならでは。
力強さを感じる焼杉とはまた違って、
上品でやわらかな風合いに仕上がります。

ぷっくりとした木目にうっすらと
砥の粉がのり、好きな雰囲気の木目です。

再生をする昔の桐タンスは、
時代仕上げが似合います。
桐タンスの雰囲気や佇まいからも
そう感じるのですが、
特に昔の桐タンスは前面の桐材が、
現在の桐タンスのように、真っ直ぐな
柾目が使われたものではなく、
木目が曲がっていたり、幅が不揃いの
ものや小さな節もあることが多いです。

時代仕上げは、このような一見短所と
思われるようなところを持ち味として
活かしながら、その桐箪笥だけが持つ
おもしろさや味わいを深めてくれる
ように思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 富山県Iさま

本日こちらは梅雨の中休みといった
お天気です。
この時期は貴重な晴れ間を利用して、
桐タンスのカビ処理と洗い作業に
タイミング良く入れるように、
お天気を見ながらの段取りが
欠かせないです。

 

さて今回の修理例は、娘さまの
お嫁入りの際に、ご準備されたもので、
水害によって、中に収納されていた
着物とともにカビの被害にあった
桐タンスの修理例です。

ご結婚後も富山のお母さまが大切に
預かってこられましたが、
今回の再生を機に大阪にお住まいの
娘さまの元で使われることになりました。

修理前の桐たんす:上台の扉

修理前の桐たんす:下台
上台が扉になっている大洋の
総桐たんすです。
本体の側面から前面への丸みが
特徴的で桐材も厚く、とても高級な
造りをしている胴丸の桐たんすです。

修理前の桐たんす:扉の中扉の中もしっかりと中の着物を
守る気密性のある引出しになっています。

経年により、表面の塗装(砥の粉)が、
落ち着いた、いい風合いの色に
変化していましたが、
扉の中の引出し前面や扉の裏、
本体下台の側面に黒カビが広範囲に
発生していました。

修理前の桐たんす:本体右下
ご購入から20年程ですので、カビ以外の
損傷はほとんどありませんでした。

 

 

修理の様子再生では薬品処理や削り直しをして、
心配されていたカビを除去しました。
カビが広範囲で多いこともあり、
数回に分けて様子を見ながら行いました。

この桐タンスの金物のカビ処理の
様子も昨年のブログで紹介しています。
こちらもご覧ください。

 

 

修理後:仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)

修理後:下台

修理後:扉の中

修理後:本体右下
桐の木目もやわらかで、本来の美しさを
取り戻しました。
中の着物もクリーニングできれいになり、
これで桐たんすも再生されましたので、
再び気持よく着物を収納して
いただけると思います。

 

大阪の娘さまのご自宅に納品後、
「この大きな桐たんすを手元に置いて
使うことを半ば諦めていましたが、
美しく蘇った桐箪笥を見ると
色々な想いが重なり、おおいし様に
感謝しかありません。」とのお言葉を
いただきました。

またお嬢さんも、桐箪笥に触れて、
ホンモノって良いねと引出しを
出したり閉まったり・・・、
桐箪笥の鍵もお嬢さんが預かって、
ほとんど自分のものと思っているご様子
とともに、それをそばで見ていて
温かい気持ちになっていますと教えて
いただきました。

このお話を伺い、ご依頼いただいた
富山のお母さまの思いが、
桐たんすを通じて、ご家族のみなさんに
じんわりと伝わっていくようで、
これからも桐箪笥とともに、その思いが
受け継がれていくことを思うと、
とても温かな気持ちになりました。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 三重県伊賀市Tさま

5月というのに、真夏のような暑さが
続いていますね。
まだ体が暑さに慣れていないので、
熱中症になる危険性が高く、
こまめな水分補給や休息を心がけて、
乗り切りたいところです。
我が家の麦茶のピッチャー、早くも
活躍してくれています。

 

さて今回の修理例は、ご自身のお嫁入り
の桐箪笥をきれいにして、これからも
大切に使い、ゆくゆくは、娘さまにも
お譲りになりたいとお考えになり、
再生された桐箪笥のご紹介です。
お母さまに持たせてもらった
お嫁入り道具は、他にもう一棹と
布団箪笥、長持ちなど・・・、
一緒に嫁いでこられたと伺いました。


修理前の桐たんす

(お預かり時に撮影)
総桐たんす。
引出しは蟻組み接ぎという仕口で
組んであり、外れにくく大変強固な
造りをしています。
表面は経年変化により、塗装(砥の粉)
が取れて、所々桐の木肌が現れ、
黒っぽくなった状態でした。
柔らかな木目や半月カンの引手が
とても上品な桐タンスです。

 

修理後:仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)
金物は状態も良く、汚れやくすみを
除去し、磨いて元々のものを
取り付けています。


再生前は、美しい桐の木目が分かり
づらくなっていましたが、
再生後は、お嫁入り当時の桐たんすの
姿を取り戻し、やわらかな桐の木目も
映えて明るい印象になりました。

 

これまでも「母が持たせてくれたもの
だから」と日々の暮らしの中で、
大事にお使いになられていたことが
うかがえる桐箪笥でした。
お話を伺いながら、桐箪笥に詰まった
お母さまの思いをそばで感じながら、
時には励まされたり・・・、
時には慰められたりすることもあるの
だろうなぁと感じました。

これからもTさまご家族の伊賀での
暮らしがやさしく見守ってくれる桐箪笥
とともに楽しく穏やかなものである
ことを願っています。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

伊賀焼窯出し市と信楽作家市

令和元年を迎え、ゴールデンウイークも
真っ最中ですね。
みなさまは、いかがお過ごしですか。

私たちは、一応後半の数日は
再生作業をお休みして、
普段できないことをしよう!!
ということで、「片づけ祭り」を
することにしました。
奥さんが随分前から気になっていた
「こんまりさん」の本を読んでいて、
同時期に私も偶然NHKの番組を
見たことから、片づけを決意!

「こんまりさん」の片づけは、
「何でもかんでも捨てる」のではなく、
「ときめくモノをきちんと残す」こと。

ということですので、セオリー通り、
家の中のもの一つ一つを手に取って、
ときめくかどうかを自分にたずねる
作業をしています。
やっと服と本、それに書類関係が
終わりましたが、小物や思い出の品は、
家のあちらこちらに分散しているので、
時間がかかりそうです。

 

さてさて本日3日、片づけの合間をぬって、
今年も伊賀焼きの窯出し市に出かけました。

 

さらに今年はお客さまから、
お隣の滋賀県信楽町の「陶芸の森」で
行われる作家市もおもしろいよと
教えてもらっていたので、少し足を
のばしてみました。

私は、ずっと欲しかった一輪挿しを
奥さんは朝食のヨーグルト用の器を
求め、自分のときめきを頼りに、
気になるものは手に取りながら、
一つひとつのブースをまわりました。

 

見るとほっとして、触るとあたたかみが
あり、店の中に並べられた器たちから
作家さんのお仕事への愛情がじわじわと
感じられた、こちらの一輪挿しと器を
一周回った後に戻って購入しました。   一輪挿しは日々の暮らしに季節の彩りを
与えてくれそうです。
草花の他にも木の実やハーブなども
挿してみたいです。
ヨーグルトの器は早速明日の朝から
使ってみたいと思います。

朝のヨーグルト作りだけは私の担当。
ヨーグルトは奥さんがヨーグルトメーカー
で作ってくれているので、
担当といっても、私はリンゴやバナナ、
プルーン、あればキウイなど、
その日ある果物を切って、
器に盛るだけです・・・が、
明日の朝が楽しみです。
大事に使っていきたいと思います。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

 

桐タンス修理例 兵庫県Oさま

桜の季節、この時期だけは逃さないよう、
今年もまた、お気に入りの桜並木を
見に出かけました。少し見頃は過ぎていましたが、
春の風に桜の花びらがひらひらと
舞う姿も美しく、少しの時間でしたが、
春を味わうことができました。

 

さて今回の修理例は、明治生まれの
お義母さまの桐タンスを着物の
着付けの資格を取得された娘さまに
贈るため、お母さまが再生依頼された
桐箪笥のご紹介です。
ブログに載せていた同じような形の
桐タンス修理例をご覧になり、
「ここで!」と決めていただきました。
お客さまの喜びが、こんなふうに
繋がって、とても嬉しいです。

修理前の桐たんす(お預かり時に撮影)
本体の角や引出しの底板などには、
一度再生された跡が見受けられ、
直しながら、大切に使ってこられた
ことがうかがえました。


修理後:仕上がりの色:時代仕上げ(時代白)

事前に、山口県にお住まいの娘さまは、
ホームページの「仕上がりの色」を
ご覧になり、「色は時代白で、金物は
元々のものを再利用する」などの
ご希望をお母さまに伝えておられました。

納品後、お母さまから、「綺麗!
新品同様!」との娘さまの感激の
お言葉とともに設置された桐タンスの
画像も送っていただきました。
お祖母さまはお引越しの多かった方で、
嫁がれる際は、山口県にお住まいで、
この桐タンスも山口で準備されて
嫁がれたそうです。
長い年月を経て、ご家族の思い出を
たくさん詰め込んだお祖母さまの
桐箪笥は再生されて山口で暮らす
お孫さまのもとへ。
これから懐かしい故郷で、お孫さま
との新たな暮らしが始まります。

『桐たんすRecord』に残しておきたい
桐箪笥とご家族の物語。
お祖母さまと桐箪笥の故郷への想いが
大きかったのかなあと思いました。

一棹の桐たんすの中には、ご家族の
つながりや深い思いが秘められて
いることを改めて感じています。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~引手の下には当たり鋲

先日、こちらは四月の雪が降りました。
目を疑うとは、この事かと・・・。以前にご近所の方から、「4月でも
降る時あるでな」と聞いていたのですが、
実際にうっすらと積もった雪を前にすると、
一瞬訳が分からなくなってしまいました。

 

さて今回は桐箪笥の引出し前板のお話です。
桐は柔らかな素材なので、着物など
中に収納する品物をやさしく守って
くれる半面、桐自体は傷が付きやすく、
長く使われてきた桐箪笥の表面は、
下の写真のように傷や凹みが見られます。特に引出しの前板は、開けたり閉めたり
するたびに、指が当たって擦れたり、
爪で引っかいたりしてしまうので、
深い傷になっていることが多いです。

また、引出しに付いている金物(引手)が、
昔の桐箪笥は、上の写真のように、
下座が無いタイプが多いです。
下座付きのタイプよりも引出しの表面に
傷が付きやすいです。

深い傷が付いた桐箪笥を眺めながら、
持ち主だったお祖母さまやお母さまは、
この引出しを一番よく使っておられた
のかな・・・とか、
日常よくお使いになるものや
お気に入りの何かをしまわれていた
のだろうか・・・など想像しています。
私の母は背が小さな人で、
開けやすい高さの引出しに
常日頃必要なものをしまって、
頻繁に開け閉めしておりました。
背の高さも一番よく使う引出しに
影響しそうですね。

話が少し逸れてしまいましたので、
引出しの前板の傷に戻ります。
こういった広範囲の深い傷は、
表面を鉋で削っても無くならないので、
傷の幅分一列をごそっと欠き取って、
新たな桐材に張替えます。

白い部分が新たに張替えた部分です。
塗装すると張替えた部分は
分からなくなります。

そして、ここでようやく今回のタイトルの
登場なのですが、下座のない引手の下には
当たり鋲を付けます。
ぷっくりとした丸い小さなものが
当たり鋲です。

爪のひっかき傷や引手自体が当たって、
桐箪笥に傷が付くのを防ぎます。
引手を持ち上げやすいという利点もあり、
上品でかわいらしいと思います。

金物の中でも最後の最後に
取り付ける当たり鋲。
こんなに小さなものですが、
桐箪笥を長持ちさせるための
なくてはならない金物です。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。