桐タンスが3段なのは・・・

桐箪笥は、様々な形がありますが、高さのある桐箪笥は、
3段に分かれている物が多いです。
運搬しやすいこともあり、分かれているんだろうと
当たり前に思っていたのですが、さらに理由があるそうです。

《そもそも桐たんすを使うようになったのは・・・》
庶民がタンスを使うようになったのは、江戸時代の中期で
欅(けやき)の木を使っていたそうです。
とても重く、樫の車をつけて引いて移動させていましたが、
男性でも引くのに苦労したようです。
タンスを車なしでも持てるように、桐を使って軽くしたのは
幕末になってからです。
それでも今のような3段ではなく、1段で高さも低く、
補強のため金物が多く打ちつけられ、
運搬するにはまだ重く、苦労したようです。

《桐たんすが3段になったきっかけ》
江戸中期の桐箪笥は担ぐために背を高くできず、
1段でした。
明治になると2段重ねになり、女性でも持ちやすく
改良されてきました。
3段重ねになるのは、東京では大正の末期、
13年のことです。
関東大震災の翌年に一斉に3段重ねになったそうです。
震災時に2段重ねのタンスを持ち出すには重かったのか、
もっと軽くして、もっと早く逃げたいと思い、3段重ねに
したのではないかとも言われています。
すでに3段重ねのタンスは京都などでは、
軽くて収納力のあるタンスとして普及していたそうです。
参考文献『木のある生活』秋岡芳夫著

《女性でも持ち運べる》
3段に分かれる桐箪笥のうち、中身が空の場合、
桐箪笥1段が15㎏前後なので、
1段なら女性一人でも持てます。
中身が入っていたら二人で持ち運べます。

《桐たんすの変遷》
昔の古い桐箪笥や、おばあちゃんの桐箪笥をみると、
側面には棒通しや把手がついていますが、
現在の桐箪笥には見受けられません。
たまに最近の桐箪笥でも、昔の名残を残し、
飾りとして棒通しや把手が付いているものもあります。
しかし実際に桐箪笥の棒通しに棒を通して担いでいる人を
見かけたことはありません。

昔は嫁入りの時に持参し、生活の道具として
移動したり運搬したり、何かあった時、家財を守る
非常持ち出し用の運搬具として桐タンスを作りました。
今は桐タンスと言うと、調度品や高級家具としての
イメージが強く、持ち運んで移動するという
イメージはありません。

時代の変化と共に桐たんすの姿・形や金物も変わり、
運搬する機能がなくなりました。大きさも最近は
大きく華美なものよりは、小ぶりな小袖たんすに
人気があります。
私たちの暮らし方で桐たんすも変化していき、
桐たんすの変遷をみていくと、私たち日本人の
暮らし方がみえてくると思います。

桐タンスが分かれているのは、運搬しやすいという
理由ではあるのですが、時代や歴史の中で、
進化してきた形だったことがわかりました。
昔は運搬しやすくするために、3つに分かれた
経緯がありましたが、分かれているおかげで、
現代の生活で再び使うとき、分けて使うことができるので、
無駄がないなぁと感心してしまいます。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。