引出しの滑りをよくする、イボタ蝋

以前、桐タンスの表面の仕上げで使う
「カルナバ蝋」を紹介しましたが、
引出しの滑りをよくするためには
「イボタ蝋」というものを使っています。

なかなかパンチのある名前ですが、
イボタの木に寄生する、
カイガラムシの分泌するものから得る天然蝋です。

イボタ蝋とは・・・
カイガラムシの一種・イボタロウムシ
(イボタノキなどモクセイ科の樹木に寄生する)の雄幼虫が、
イボタノキの枝の周囲に群生して分泌した棒状の
蝋塊より得られる蝋。固く融点が高い。

木製品や生糸のつや出し、襖や障子の滑りを
よくするため、また、掛軸や巻物の裏側に擦り込んで
巻き取りやすくしたり、微粉末として古いSPレコードの
再生を助けるためにも用いられます。

桐箪笥に限らず、引出しの滑りが悪いなと思ったら、
ロウを塗るとスムーズに引き出せます。
木製の戸や襖、障子などの建具にも、
使うと滑りがよくなります。

引出しの滑りを良くする使い方
①引出しの側面の全体を、ジグザグにロウの面を使って
ささっとこする。
②底板全体が地板に接している場合は、底板全体に塗ります。
③本体も引出しと接する面に同じように塗ります。

もし滑りの悪い引出しなどで困っていたら、
試してみてはいかがですか。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。