そろそろ梅雨、桐タンスのカビ対策。

毎日暑い日が続いていますね。
夏を思わせるほど暑い日もありますが、これからは梅雨が
近づいてきます。
高温多湿なこの時期はカビが最も繁殖しやすくなります。
この様に桐箪笥にもカビが発生することがあります。

一度桐箪笥に発生してしまったカビを取り除くには、
削り直しが必要なため、その前にしっかり予防したいものです。

昨年もこのブログで桐たんすの『カビ対策』について書きました。
本格的な梅雨入り前にもう一度おさらいしてみます。

【カビ】を発生させないためのポイント
①風通しを良くして湿度と温度を下げる
・部屋全体を換気するために、1日に3~4回を目安に窓を開ける。
1回につき5~10分程度を目安にするといいそうです。
・桐たんすと壁の間は、5㎝開けておけば空気の通り道ができ
除湿効果が高まります。

②【カビ】の栄養となる”ほこり”や”皮脂”などの汚れを取り除く
カビは部屋以外にも潜んでいます。
こちらもしっかり対処をしたいものです。

☆エアコン:しばらく使っていなかったエアコン内は、
カビが繁殖している可能性があり、そのまま使用すると
カビの胞子が部屋中にまかれることになります。
1、掃除前に必ずコンセントを抜きます。
2、エアコン上部の埃やゴミを、水で濡らして固く絞った雑巾で
拭き取ります。
3、前面のパネルを外し、パネルとフィルターの汚れを取ります。
4、吹き出し口やルーバーの汚れを拭き取ります。
5、電源を入れて送風運転を行います。   (豆知識press参考)

☆洗濯機:洗濯機の中もカビが生えやすい場所です。
カビが繁殖したまま洗濯すると、衣類にカビが付くことがあります。
その衣類を桐たんすに収納すれば、桐たんす内でカビが繁殖します。
洗濯機を使用後は蓋を開けたままにし、水気を拭き取り十分に
乾燥させます。

昨年のブログはこちら。桐たんすの『カビ対策』
大切な桐タンスにカビが発生するのも嫌なものですが、
カビが原因で、咳や鼻水が出ていたということもあり、
健康面も心配です。
梅雨を前にカビ対策を心掛けたいものです。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。