桐たんす修理~仕事納め2018

昨日から一段と寒いなぁとは
思ってたのですが、夜中の間に
雪が降ったらしく、うっすら雪が
積もっていました。
今日は外回りの片付けをする予定
だったので、一旦やめておこう・・・
という気持ちになりましたが、
お昼には溶けていたので、
洗車からはじめて、少しだけ
片付けました。
まだやり残しがありますが、
暖かくなってからと言い聞かせながら・・・。

主人が、玄関の掃除をしてくれていて、
終わってから見に行くと、南天が
追加されていました。
少しだけお正月気分です。

本年も多くの方にお世話になりました。
ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

主人からも一言。

今年も無事にこの日を
迎えることができました。
毎年恒例となっていますが、
大晦日の日が仕事納めとなりました。
午前は少し作業をして、
午後からは工房の掃除と洗車、
家の方も少し手をのばしました。

大掃除は、今も昔も変わらず、
見習いの時に先輩から
教えてもらったやり方です。
できれば天井、次は壁、
上の端から順番に。
「掃除も桐たんすの仕上げも同じ。
端から端まで、きっちり手と道具を
動かすんだよ」・・・
先輩の言葉を思い出しました。

工房の中もこざっぱりとして、
焼き作業を終えた桐たんすが
次の工程を待ってくれています。

今年も作業ノートを見返しました。
以前ご依頼いただいたお客さまが
再び依頼してくださり、久しぶりに
お会いすることができたり、
お届けの際にお孫さんを
桐たんすの天板に載せて
写真を撮って喜んでくださったり・・・。
来年もみなさんや桐たんすとの
出会いを楽しみに再生し続けて
いきたいと思います。

テレビの番組表を何気なく
眺めていたら、お正月二日の深夜、
東海テレビで映画『人生フルーツ』が
再び放送されるようです。
今年のブログでも紹介していますが、
もし良かったら、東海地方の
みなさまご覧くださいね。

それでは、みなさま良いお年を
お迎えください。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。