桐タンス修理例 兵庫県Oさま

桜の季節、この時期だけは逃さないよう、
今年もまた、お気に入りの桜並木を
見に出かけました。少し見頃は過ぎていましたが、
春の風に桜の花びらがひらひらと
舞う姿も美しく、少しの時間でしたが、
春を味わうことができました。

 

さて今回の修理例は、明治生まれの
お義母さまの桐タンスを着物の
着付けの資格を取得された娘さまに
贈るため、お母さまが再生依頼された
桐箪笥のご紹介です。
ブログに載せていた同じような形の
桐タンス修理例をご覧になり、
「ここで!」と決めていただきました。
お客さまの喜びが、こんなふうに
繋がって、とても嬉しいです。

修理前の桐たんす(お預かり時に撮影)
本体の角や引出しの底板などには、
一度再生された跡が見受けられ、
直しながら、大切に使ってこられた
ことがうかがえました。


修理後:仕上がりの色:時代仕上げ(時代白)

事前に、山口県にお住まいの娘さまは、
ホームページの「仕上がりの色」を
ご覧になり、「色は時代白で、金物は
元々のものを再利用する」などの
ご希望をお母さまに伝えておられました。

納品後、お母さまから、「綺麗!
新品同様!」との娘さまの感激の
お言葉とともに設置された桐タンスの
画像も送っていただきました。
お祖母さまはお引越しの多かった方で、
嫁がれる際は、山口県にお住まいで、
この桐タンスも山口で準備されて
嫁がれたそうです。
長い年月を経て、ご家族の思い出を
たくさん詰め込んだお祖母さまの
桐箪笥は再生されて山口で暮らす
お孫さまのもとへ。
これから懐かしい故郷で、お孫さま
との新たな暮らしが始まります。

『桐たんすRecord』に残しておきたい
桐箪笥とご家族の物語。
お祖母さまと桐箪笥の故郷への想いが
大きかったのかなあと思いました。

一棹の桐たんすの中には、ご家族の
つながりや深い思いが秘められて
いることを改めて感じています。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。