伊賀焼窯出し市と信楽作家市

令和元年を迎え、ゴールデンウイークも
真っ最中ですね。
みなさまは、いかがお過ごしですか。

私たちは、一応後半の数日は
再生作業をお休みして、
普段できないことをしよう!!
ということで、「片づけ祭り」を
することにしました。
奥さんが随分前から気になっていた
「こんまりさん」の本を読んでいて、
同時期に私も偶然NHKの番組を
見たことから、片づけを決意!

「こんまりさん」の片づけは、
「何でもかんでも捨てる」のではなく、
「ときめくモノをきちんと残す」こと。

ということですので、セオリー通り、
家の中のもの一つ一つを手に取って、
ときめくかどうかを自分にたずねる
作業をしています。
やっと服と本、それに書類関係が
終わりましたが、小物や思い出の品は、
家のあちらこちらに分散しているので、
時間がかかりそうです。

 

さてさて本日3日、片づけの合間をぬって、
今年も伊賀焼きの窯出し市に出かけました。

 

さらに今年はお客さまから、
お隣の滋賀県信楽町の「陶芸の森」で
行われる作家市もおもしろいよと
教えてもらっていたので、少し足を
のばしてみました。

私は、ずっと欲しかった一輪挿しを
奥さんは朝食のヨーグルト用の器を
求め、自分のときめきを頼りに、
気になるものは手に取りながら、
一つひとつのブースをまわりました。

 

見るとほっとして、触るとあたたかみが
あり、店の中に並べられた器たちから
作家さんのお仕事への愛情がじわじわと
感じられた、こちらの一輪挿しと器を
一周回った後に戻って購入しました。   一輪挿しは日々の暮らしに季節の彩りを
与えてくれそうです。
草花の他にも木の実やハーブなども
挿してみたいです。
ヨーグルトの器は早速明日の朝から
使ってみたいと思います。

朝のヨーグルト作りだけは私の担当。
ヨーグルトは奥さんがヨーグルトメーカー
で作ってくれているので、
担当といっても、私はリンゴやバナナ、
プルーン、あればキウイなど、
その日ある果物を切って、
器に盛るだけです・・・が、
明日の朝が楽しみです。
大事に使っていきたいと思います。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

 

伊賀の山里の紅葉 2018

気が付けば早いもので霜月です。
少しずつあったかグッズを
出し始めているところですが、
ホットカーペットはすでに
欠かせなくなっています。

秋が深まっているだろうなと思いながら、
なかなか時間がとれずにいましたが、
少し時間を見つけて、お気に入りの
紅葉スポットの裏山に今年もぶらりと
散歩してきました。

徒歩圏内にこの紅葉は贅沢だなあと
思いながら、きれいに色づいた
モミジの葉を仰ぎ見ました。


モミジの赤、イチョウの黄、苔の緑色が
はっきりとしている年もあるのですが、
今年は少し控えめな感じでこれもまた素敵です。

山の中ですので、私たちが落ち葉の上を
歩くカサカサという音しか聞こえず、
少しの時間でしたが、静かに秋を堪能しました。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐たんす修理の合間に

今日は朝から雨降りでしたね。
朝起きて外に出ると、ご近所の方が、
すでに畑仕事をされていました。
早いなあと思ってご挨拶すると、
雨が降る前にやらなあかんことがあって、
気になって眠れなかったとのこと。
あたたかな愛情が土の中に
深く染みわたっているようで、
頂くお野菜が、美味しいはずだと気付き、
雨が降っていましたが、
とても清々しい気持ちになりました。

 

さて話は変わりますが、
先日「さるびの」で売られている
おやつをいただきました。
最近、新登場したおやつだそうです。
桐たんすの修理の合間に
ぺろっといただきました。

写真が下手ですので、何度撮り直しても
唐揚げ?のように写ってしまいます。
実物はほんのりと香ばしい香りが
ただよう甘いおやつです。

油っぽくなく素朴な甘さに、
ついつい手が伸び、
一気に2個食べてしまいました。

前の投稿でも登場していましたが、
「さるびの」は、私たちの住む地域にあり、
里山の中にたたずむ天然かけ流しの温泉です。
温泉を楽しんだあと、新緑を見ながら、
さるびののおやつとコーヒーで
ゆったりと過ごすのもいいですね。

また食べたくなる味なので、
今度は実家への手土産にしようと思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

伊賀のさくら 

桜満開ですね。
私たちが住むところは少し寒いので、
咲き始めが遅かったのですが、最近の陽気で
一気に満開になりました。

先日、桐箪笥修理のお見積りで兵庫県高砂市へ行った際、
新名神で新しく開通した大阪の高槻から神戸JCT間
の桜がきれいだねぇと、話していたのですが、
やっと地元でも見ることができました。

桜の花は他の花よりもどうして特別に感じるのだろうかと
考えてしまいますが、川沿いや学校の周囲は、
桜並木になっていて、華やかで新鮮な気分になります。

花が咲くまでは気付かないような場所で、
きれいに咲いているのを見つけると、
嬉しくなり、少し車を停めて眺めてしまいます。

もうすぐ散ってしまうのが残念ですが、
新緑の葉桜も楽しみです。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

最初の日曜日は鈎引き

年が明けて、早くも12日が経ちました。
今年も正月三が日は、ゆっくりと過ごし、
4日から仕事始めとなりました。

最初の日曜日となる1月7日は、
地域の行事「鈎引き」です。

昨年はカメラマンが撮影に来られていましたが、
今年は何人か見学の方がおられました。
この行事は他の地域に住む方々にとって、
興味深いもののようです。


この写真は地域のカメラマンさんが、
撮ってくださったものです。
鈎引きの準備の段階で鈎となる木を、
みんなで作ったしめ縄に引っ掛けているところです。

地域の繁栄や幸せを引き寄せるという
願いを込めて、みんなで息を合わせて
掛け声をあげながら、縄が切れるまで鈎を引きます。
縄が切れると自然とみなさん笑顔になります。

午後からは、ご近所の方々との新年会でした。
普段はこもって作業をしたり、外に出たりしているため、
近くに住んでいながら、なかなかお話ができないのですが、
年の始まりに、みなさんと一緒に美味しい食事をいただき、
ゆっくり過ごすことができました。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

伊賀焼陶器まつり 2017

もうお彼岸ですね。
夏がすっかり終わってしまったと感じるほど、
夜ともなると涼しくなってきました。
急いで長袖を出したり、着てみるとやっぱり暑くて
脱いでみたり何を着ていいのか難しいです。

この前の連休は台風におびえて過ごしていましたが、
今週は天気に恵まれてよかったと思っている人も
多いのではないでしょうか。

昨日は伊賀市の阿山で行われている、伊賀焼陶器まつりに
行ってきました。

例年は夏に行われていたように思いますが、
今年は9月に開催です。祝日ということもあり、
多くの人で賑わっていました。

以前からあったらいいなぁと思っていた、
可愛らしいミルクピッチャーを見つけました。

ほかにもたくさん欲しいものはありましたが、
またのお楽しみということで・・・。

今日まで陶器まつりは開催されています。
色んな窯元が出展していて、見ているだけでも楽しいので、
お出かけしてみてはいかがですか。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

伊賀の桜

やっと春らしい陽気になったかと思ったら、
まだまだ肌寒いですね。
春はこうして少しずつ暖かくなっていくんですね。

今年の桜は少し遅めですが、入学式に間に合って
よかったなぁと思っています。

伊賀上野城の桜です。


曇りだったので、空はグレーですが、
晴れていたら、満開の桜のピンクがもっと
鮮やかなんだろうなぁ。

いつも遠くからお城を見ているだけでしたが、
せっかくの桜の季節なので、まじかで桜と
お城を楽しませてもらいました。

今、伊賀市はNINJAフェスタが開催されているので、
市街地は、いろんな忍者がいます。
街中に忍者の人形が隠れていたり、
観光客の方が忍者に変身していたり、時々愛犬も
忍んでいないけど、忍びの姿に。
駅や銀行、郵便局の職員も忍者衣装です。

今は、少し忍者が出没している伊賀市街です。


我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

伊賀大山田芸術文化祭~稲穂焼き

私たちの住む地域では、毎年この時期に
大山田芸術文化祭が開催されます。
絵画や手工芸などの作品の展示や、
楽器演奏やダンスなどの発表があります。
秋には収穫まつりがあったり、冬には芸術文化祭と
イベントが盛りだくさんです。

そこで販売される「稲穂焼き」のお手伝いに行ってきました。
この写真は、紫芋のあんです。
隠し味のバターで濃厚さがプラスされています。
ほかには粒あんとこしあんがあり、
手作りの優しい味でほっこりします。


我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

今年最初の日曜日は鈎引き

新年を迎え、もうすぐ2週間ですね。
今年は、正月三が日をゆっくりと過ごし、
4日から仕事始めとなりました。

私たちの住む地域には、毎年最初の日曜日に
行われる鈎引き(かぎひき)と呼ばれる行事があります。

今年は、遠くからもカメラマンが撮影に来られていました。
写真があれば雰囲気が伝わって良かったのですが・・・。

地域の繁栄を願い、みんなで声を合わせて鈎を引くと、
体があたたかくなりました。

午後からは、ご近所の方々との新年会でした。
お料理の写真は撮れました。

冷たい雨が降っていましたが、みなさんと美味しいものと
お酒をいただいて、ぽかぽかあたたまった一日でした。

今年も一年よい仕事に励みたいと思います。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

伊賀の忍者列車

毎日暑い日が続きますね。
暑すぎて、実家では「畳が燃えているみたい。」と、
かなり大げさなことになっています。

突然ですが、伊賀鉄道ってご存知ですか?
字のごとく伊賀市を走っている鉄道なのですが、
今年で伊賀線開業100周年なんだそうです。
初めて見たときは、なんだかうれしくて写真をパチリ。

この写真の電車もかなりカラフルと思っていたのですが、
忍者列車と呼ばれるかなりインパクトのある電車も
あるんですよ。なんと3色展開。
詳しくはこちら:伊賀鉄道のHP

伊賀は色々な所に忍者が出没しているので、遊びに来られた時は
チェックしてみてくださいね。


我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。