桐たんす再生 お見積り・お届けについて2

爽やかな風と新緑が美しい季節に
なってきました。
雨が降ると、きらきらと草木も潤い
気持ちよさそうです。

先日、久しぶりに仕事で外に出た際、
道沿いの林に桐の木が自生しているのを
見つけました。
この桐の木は、少し見頃が過ぎていた
ようですが、発見した嬉しさから、
車を停めて、しばらく観賞。
毎年、ゴールデンウイーク頃から
6月にかけて、可愛らしいラッパの形を
した薄紫色の花を咲かせる桐。

桐の花かなと思うと、同じく自生して
いる藤の花だったりすることもしばしば。
少し紛らわしいのですが、藤の花は
和装の髪飾りのように垂れ下がり、
桐の花は、上に向かって伸びている枝に
鈴なりになって咲いています。

普段は人知れず存在している桐の木。
この時期になると、ここにいるよと
花を咲かせて教えてくれます。
今年はいくつ見つけられるでしょうか。

 

さて、新型コロナウイルス感染症による
緊急事態宣言が一部解除されました。
三重県においては、県境をまたぐ移動の
自粛など、全ての都道府県が解除される
までとしながらも、手洗いやうがい、
換気、買物の仕方、身体的距離をとる等、
「新しい生活様式」を意識的に習慣づけ、
少しずつ日常を取り戻していく段階に
なっています。

桐たんす再生工房おおいしにおいても、
当面の間、見合わせていましたお見積り、
お預かりやお届けなど、三密の回避などの
感染拡大防止の対策を取りながら、
三重県を中心に少しずつ再開させて
いただいています。

県外のお客さまには、大変申し訳
ございませんが、状況を見ながら、
安全にお伺いできる
ようになるまで、
今しばらくお待ち
いただきますよう、
よろしくお願い
いたします。

作業場において、桐たんすと向き合う
時間はもちろん大切ですが、
私たちにとって、お客さまと桐箪笥に
ついてお話するひと時がどれだけ大切な
時間なのかを、今回久しぶりにお客さまと
お会いすることができて実感しています。
これからも持ち主だった方をはじめ、
一棹の桐たんすに関わられた方々の思いが
つながることを願って、桐たんす再生の
仕事をしていきたいと思います。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐たんす再生 お見積り・お届けについて


現在、新型コロナウイルス感染症による
緊急事態宣言が出され、例年とは違う
ゴールデンウイークをお過ごしのことと
思います。

桐たんす再生工房おおいしにおいても、
感染拡大防止とお客さまの健康と安全の
ため、お届けやお見積りなどで、
お客さまのお宅にお伺いすることを
見合わせていただいています。
今は極力、人と会わないことが一日も
早い終息への近道と思います。
お客さまの元に無事に桐たんすを
お届けできる日を願って、再生作業を
行っています。

現在、お問い合わせをいただいて、
お見積りをご希望のお客さまには、
ご予約というかたちを取らせて
いただいています。
お客さまには大変ご不便をおかけして
おりますが、今後、緊急事態宣言が
緩和されましたら、順次お見積りや
お届けに伺わせていただきますので、
もう少しお待たせいたしますが、
よろしくお願いいたします。

また、お電話やメールで、ご希望を
お伺いしながら、再生内容についての
ご提案をさせていただいていますので、
これから、桐タンスの再生・修理、
リフォーム等をお考えの方は、ご希望や
ご質問など、ご相談いただければと
思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

NHK「おはよう東海」で紹介されました

お知らせが遅くなりましたが、
『桐たんす再生工房おおいし』が、
1月29日のNHK「おはよう東海」の
リポートのコーナーで紹介されました。
また翌日には「ほっとイブニングみえ」と
岐阜の番組で放送されました。

地方限定の番組ですが、
愛知・岐阜・三重の東海三県の他、
福井・石川・富山の北陸地方や
静岡県と、多くの地域の方に
見ていただけたかと思います。

放送に際しまして、多くのお客さまに
取材等でご協力していただきました。
大変ありがとうございました。

見ていただいた方からは、
「大石さんらしさが出ていたよ」、
「お客さんに喜ばれる、よい仕事をしているね」、
「嬉しかったよ」などなど
あたたかな声をかけていただきました。

 

私たちには92歳の友人がいるのですが、
今回のことを伝えに行くと、
「良かったぁ良かったぁ」
と喜んでくださいました。
「仕事は大丈夫か」、「ご飯はもう食べたか」
と孫のようにいつも気にかけて、
私たちの近況報告にじっと耳を傾けてくださいます。

お元気な方ですが、なにしろ御年92歳。
「おばぁは耳が悪いからテレビは見ない。
テレビを写真で撮って、また見せに来て」と
頼まれていたので、いくつかカメラに収めました。
だいぶ拡大して見てもらおうと思います。

「おばぁはテレビは見ないけど、
詩を詠んで楽しんでいるんだ。」と
ヨモギ摘みの思い出を詠まれた短歌を
ひとつ聞かせていただきました。
当時の情景が浮かんでくるようで、
粉雪の舞う寒い日でしたが、
春の香りやあたたかさで、
私たちを包んでくれました。

素敵な楽しみを密かに
持たれているおばぁです。

近いうちに、また近況をお伝えに
訪ねようと思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

雑誌「NAGI凪vol.71」に掲載されました


月兎舎から出版されている、
三重を刺激する大人のローカル誌
「NAGI凪」2017冬号に
『桐たんす再生工房おおいし』が掲載されました。

今回は”空き家を食堂に”という特集で、
古民家や趣きのある建物を受け継いで、
リノベーションされた、三重県内の飲食店が紹介されています。

私たちも受け継いで使うために、おばあちゃんや
親世代の桐タンスの再生、修理を行っているため、
共通するところがあり、興味のある内容です。
あたたかみが感じられる一枚一枚の写真に引き込まれ、
ゆっくりと訪れてみたいと思うお店が紹介されています。
タイムスリップしたような空間で、いつもとは違う
のんびりとした時間を過ごせそうです。

『桐たんす再生工房おおいし』については、
「NAGI FILE」で紹介されていますので、
手に取られた方は、見つけてみてください。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

Webサイトをリニューアルしました。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、
本年1月1日、桐たんす再生工房おおいしのwebサイトを
リニューアルいたしました。
新しく桐たんす再生アイテムのご紹介もしていますので、
見ていただければ嬉しいです。

また、ブログもリニューアルしています。
作業の様子や山里の自然など綴っていけたらと思っています。

本年もよろしくお願いいたします。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

「NAGI」に広告載ってます 

三重を刺激する大人のローカル誌「NAGI」2016冬号に
『桐たんす再生工房おおいし』の広告が載っています。
今回は牡蠣の特集のようです。
9504
三重のローカル誌なのですが、
探してみてくださいね。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。