桐タンス修理例 大阪府Nさま

年が明けて早くも1カ月が経って
しまいました。
当たり前ですが、今年はあと11カ月。
一年は本当に早いもので、
年を重ねるごとに、時間の大切さを
より感じるようになってきました。
今年はあっという間に一年が経って
しまったということがないように、
時間を大切に使いたいと思います。

修理例やお客さまの声も少しずつ、
ブログで綴らせていただきますので、
再生される際の参考にしていただければ
と思います。

 

 

それでは・・・、早速ですが、
修理例をご紹介したいと思います。

以前にも曾祖父母さまの桐たんすの
再生をさせていただいたお客さまで、
今回また、小引出し箱二つを
ご依頼いただきました。

(修理前の桐の小引出し箱)

(修理前:斜めから)
小引出し箱は、富山で商店を
営まれていた曽祖父母さまが、
祖父母さまにも引き継がれ、
長年お店でお使いになられていたものです。



引出しの中には、昔の手書きの伝票
などが沢山入っていたそうです。
底板に書かれた購入時の記録からも
誠実なお人柄が感じられ、
小引出し箱の擦れて丸くなった角や
無数の細かな傷を眺めていると、
当時のお店の中のにぎやかな様子が
聞こえてくるようでした。

また、引出しにはご自宅で修理された
跡が見受けられ、直しながら大切に
使われていたことがうかがえました。

(木地修理後)


(再生後の小引出し箱)
仕上がりの色:オイル仕上げ
左:ブラウン・右:ダークブラウン
       

(再生後:斜めから)
大きな方の小引出し箱には、
ご希望の高さ18㎝の四隅タイプの鉄脚を
取り付けました。
上の写真は当工房での様子ですが、
Nさまのご自宅では、リビングの
正面に設置され、新築のお部屋との
相性もぴったりの様子でした。

数年前に桐たんすを再生して
納品させていただいた際に、
「どこにも売っていないものだね」
とお話されながら、桐たんすをやさしく
眺めておられたことを思い出しました。

今回の小引出し箱も、商店での忙しい
日々を曽祖父母さまのそばで、支え
続けたものと思います。
さらに祖父母さまの手のぬくもりも
重なり、そこには新しいものにはない、
どこかほっとさせられるあたたかみが
感じられます。

Nさまがお話されたように、
どこに探し求めても見つけることが
できない、かけがえのないものと
改めて感じさせられました。
これからも、ひ孫さまご家族の暮らしを
そばで見守り、思い出も積み重なりながら、
末永くご愛用されることを願っています。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 三重県津市Sさま

お家をリフォームされたのを機に、前回の桐箪笥に続き、
二棹目は飾り棚の再生依頼をしていただきました。

(修理前の桐の飾り棚)

もみじの透かし彫りが施され、引戸や扉には、
アクセントとして黒檀が用いられています。


また、引戸に取り付けられた、きれいな彩色の戸引手は、
洒落た印象です。



塗装が剥がれたり、角が丸まり、傷や凹み、欠けなど、
使い込まれた跡が全体的に見られました。

 

(木地修理後)

(再生後)仕上がりの色:オイル仕上げ(ブラウン)

桐のやわらかな質感と良く合うオイルで仕上げています。

(納品、玄関に設置後)

お家の中にある家具は、受け継がれたものを少しずつ
手直しされながら、今も現役でお使いになられていて、
とてもあたたかみが感じられました。
使い込むほどに愛着を感じておられるようでした。

今回の飾り棚も再生後は玄関に設置されましたので、
こまごまとしたものをしまっておける収納として、
また、お家の顔としてお客様をあたたかく迎え入れてくれる
飾り棚になることと思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 愛知県名古屋市Nさま

今回再生された桐箪笥は、お家の建て替えを機に、
お祖母さまのお嫁入り時のものを、
上台部分をテレビ台として活かしたいと、
ご依頼いただきました。

修理前の桐たんす
愛知県名古屋市Nさまの修理前の桐タンス
黄色で囲った上台部分を再生します。
長い間、右の引戸を開けて、左の引戸に重ねたままに
なっていたそうで、左右の引戸の絵の色に差がありました。

木地修理後の桐たんす
愛知県名古屋市Nさまの木地修理後の桐タンス
新たに木の脚を製作しました。


再生後:仕上がりの色:オイル仕上げ(ライトブラウン)
愛知県名古屋市Nさまの修理後の桐タンス、オイル仕上げ(ライトブラウン)
テレビ台にするため、天板も製作し取り付けています。


引戸:花唐草文様の和紙に張り替え
愛知県名古屋市Nさまの修理後の桐タンス、引戸
元々の引戸の絵は、和の印象が強いことや、
左右の色の違いもあり、新しいものに
張り替えることになりました。
和紙とオイル仕上げのあたたかな質感は良く合います。

 

「祖母が大切にしていた桐タンスでしたが、いつの間にか
奥の部屋に使われることなくしまわれていました。
今回、おしゃれなテレビ台に生まれ変わって、またこれから
長く使えるかと思うと嬉しいです。」と感想をいただきました。

今回の桐たんす再生では、木の脚が付いた見本の桐タンスの
写真をご覧になり、「このような雰囲気で」と決められました。
木の脚を付けることでナチュラルな印象になったかと思います。
長くお使いいただける桐タンスに再生することができ、
私たちも嬉しく思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 埼玉県 Yさま

仕上がりの色:オイル仕上げ(ライトブラウン)

今回再生された桐箪笥は、「お嫁入り道具として、
母が持たせてくれた桐たんすだから、捨てることができない」
というお母さまの思いを大切にされて譲り受けられました。

修理前の桐たんす

(木地修理後)

表面を削った後、木地調整した塗装前の桐タンス。
引出しや台輪に部分的にアクが見られました。
黒っぽくなっている部分です。

仕上がりの色のライトブラウンは、木地の色の影響を
受けやすい半透明ですので、アク部分と白い部分とで
色の違いが出ます。
自然の特質ですが、気になられる方もおられるので、
いくつかの対処法をお伝えし、相談させていただきました。

Yさまは、多少の色の違いは味とお考えになられ、
この木地のままで予定通り、ライトブラウンになりました。

(再生後)

三つに分かれる桐タンスを上台+下台、中台+鉄脚にして、
ローチェストとして使われることになりました。

上台+下台(右側)は、元々のお母さまの桐タンスの
イメージを残せればということで、金物も経年変化した色を
残し、そのまま取り付けています。


中台+鉄脚(左側)は、和モダンな印象になればということで、
金物は黒で磨き、四隅に取り付ける鉄脚の高さは、
台輪と同じ75㎜で製作しました。

お祖母さまやお母さまの思いが詰まった、
子供の頃から慣れ親しんでこられた、桐箪笥だと思います。
再生によって、暮らしに合わせた自分好みのチェストと
元々の面影を残した新たな桐箪笥となっても、
見るとホッとできて、家族のつながりを感じられる、
Yさまだけのオリジナルの桐箪笥になったと思います。
お母さまにも喜んでいただけると嬉しいです。


我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 愛知県Yさま

仕上がりの色:オイル仕上げ(ブラウン)

今回再生された桐箪笥は、約70年前のお祖母さまのもので、
三つ重ねの桐たんすのうち、状態の良い段だけでも残せればと
考えられ、上台と中台を再生されました。

修理前の桐たんす(上台+中台)

全体的に細かな傷や凹み、欠け、割れや隙間があり、
所々、虫食いがありましたが、本体や引出しは、
しっかりとした桐箪笥でした。

(修理後:中台)

中台は着物を収納されるようです。
高さ10cmの鉄脚に載せています。

(修理後:上台)

上台はテレビ台にされるため、天板を新たに製作しました。

上の写真は、設置の際、実際にテレビを置いて、
がたつきがないか、引戸がスムーズに開閉するかを
確認するため、テレビを載せさせていただいたところです。

写真では、分かりづらいのですが、上台も鉄脚に載せています。
引戸の絵は経年変化がみられましたが、元々のものを活かせれば
というご希望でしたので、そのまま取り付けています。

桐のあたたかな質感が感じられるオイル仕上げと
引戸の絵の風合いがよく合い、リビングに設置したのですが、
和風の引戸の違和感もなく、桐たんすも居心地が良さそうです。

以前の面影が感じられる、Yさまだけのオリジナルの
テレビ台とチェストがあたたかなお部屋に仲間入りし、
ほっとできる時間が過ごせそうだなぁと感じました。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。