桐タンス修理~時代仕上げ(時代茶)

七月に入り、こちらは梅雨真っ盛り
といった空模様が続いています。
雨の影響で、大きな災害が起きない
ことを願うばかりです。

もうすぐ七夕。
素敵な七夕飾りの短冊をいただいたので、
玄関のユーカリの枝にくくり付けて
みましたが・・・、
やっぱり笹の方がいいですね。織姫と彦星の短冊。彦星の方は、
青海波(せいがいは)の文様です。
広い海からの恩恵を感じさせ、
無限に広がっている波の文様に、
「未来永劫へと続く幸せへの願い」と、
「人々の平安な暮らしへの願い」が
込められた縁起の良い柄だそうです。
お願い事を書かずとも、
短冊にぴったりの文様でした。

書かずとも、また言わずとも、
思いや願いを伝えることができる、
このような日本の伝統文様。
便箋や小物、手ぬぐいなど、
様々なものに描かれているので、
家族や大切な方への贈り物にも
添えてみたいと思います。

 

さて、本日修理した桐タンスですが、
木地修理と調整を終え、塗装の前までで
一旦ストップしていました。
お客さまと仕上がりの色についての
最後の打ち合わせ後、いつでも塗装に
取りかかれるように、焼いてスス落とし
まで終わらせていました。
次のお客さまの桐箪笥に取りかかりつつ、
梅雨空の様子を見て、塗装に適した
比較的湿度の低い日を狙っておりました。

今日を逃すと、またしばらく雨が
降り続く予報。曇り空と湿度計を見て、
「今日塗る!」と決断しました。

塗り始めるにしたがい、湿度も下がり、
ストーブを焚かなくても、砥の粉が
程よく乾いてくれました。
時代仕上げは、表面をバーナーで焼いて、
ススを落とし、砥の粉をのせて仕上げる
桐タンス特有の仕上げ方法です。

表面を触ると、凸凹しており、これは、
柔らかい冬目(木目の幅が狭いところ)が、
堅い夏目(木目の幅が広いところ)よりも
多くススとなって落ち、夏目部分が残る
ためです。
他の樹種とは違い、桐は冬目の方が
柔らかく、これも焼き桐ならでは。
力強さを感じる焼杉とはまた違って、
上品でやわらかな風合いに仕上がります。

ぷっくりとした木目にうっすらと
砥の粉がのり、好きな雰囲気の木目です。

再生をする昔の桐タンスは、
時代仕上げが似合います。
桐タンスの雰囲気や佇まいからも
そう感じるのですが、
特に昔の桐タンスは前面の桐材が、
現在の桐タンスのように、真っ直ぐな
柾目が使われたものではなく、
木目が曲がっていたり、幅が不揃いの
ものや小さな節もあることが多いです。

時代仕上げは、このような一見短所と
思われるようなところを持ち味として
活かしながら、その桐箪笥だけが持つ
おもしろさや味わいを深めてくれる
ように思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~引手の下には当たり鋲

先日、こちらは四月の雪が降りました。
目を疑うとは、この事かと・・・。以前にご近所の方から、「4月でも
降る時あるでな」と聞いていたのですが、
実際にうっすらと積もった雪を前にすると、
一瞬訳が分からなくなってしまいました。

 

さて今回は桐箪笥の引出し前板のお話です。
桐は柔らかな素材なので、着物など
中に収納する品物をやさしく守って
くれる半面、桐自体は傷が付きやすく、
長く使われてきた桐箪笥の表面は、
下の写真のように傷や凹みが見られます。特に引出しの前板は、開けたり閉めたり
するたびに、指が当たって擦れたり、
爪で引っかいたりしてしまうので、
深い傷になっていることが多いです。

また、引出しに付いている金物(引手)が、
昔の桐箪笥は、上の写真のように、
下座が無いタイプが多いです。
下座付きのタイプよりも引出しの表面に
傷が付きやすいです。

深い傷が付いた桐箪笥を眺めながら、
持ち主だったお祖母さまやお母さまは、
この引出しを一番よく使っておられた
のかな・・・とか、
日常よくお使いになるものや
お気に入りの何かをしまわれていた
のだろうか・・・など想像しています。
私の母は背が小さな人で、
開けやすい高さの引出しに
常日頃必要なものをしまって、
頻繁に開け閉めしておりました。
背の高さも一番よく使う引出しに
影響しそうですね。

話が少し逸れてしまいましたので、
引出しの前板の傷に戻ります。
こういった広範囲の深い傷は、
表面を鉋で削っても無くならないので、
傷の幅分一列をごそっと欠き取って、
新たな桐材に張替えます。

白い部分が新たに張替えた部分です。
塗装すると張替えた部分は
分からなくなります。

そして、ここでようやく今回のタイトルの
登場なのですが、下座のない引手の下には
当たり鋲を付けます。
ぷっくりとした丸い小さなものが
当たり鋲です。

爪のひっかき傷や引手自体が当たって、
桐箪笥に傷が付くのを防ぎます。
引手を持ち上げやすいという利点もあり、
上品でかわいらしいと思います。

金物の中でも最後の最後に
取り付ける当たり鋲。
こんなに小さなものですが、
桐箪笥を長持ちさせるための
なくてはならない金物です。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~引戸の唐紙の張替え

今朝は車のフロントガラスに霜が
降りていました。
11月も下旬になり、冬が駆け足よりも
ほんの少し遅めの勢いでやってきて
いるようです。
フロントガラスの霜対策に
夜のうちに、厚手の毛布を
かけておこうと思います。

さて、今回は引戸の唐紙部分の
張替えをご紹介します。
元々は、金色のものでしたが、
今回の再生で、市松模様のものに
張替えることになりました。
こちらの市松模様の紙は、
お客さまがお店で選んできて
くださったものです。
たくさんある紙の中から、じっくりと
時間をかけて選ばれたと伺いました。
仕上がりを想像しながら、
一つひとつ作業を進めています。

下の写真は張替えて、乾燥後、
あらかじめ戸引手(引戸の金物)を
取り付けるために、丸くくり抜いて
いたところに、切り込みを入れています。

お客さまにお見せする前ですので、
仕上がりの桐箪笥は、また納品後に
ご紹介させていただきます。

唐紙部分は新しいものに
張替えることで、イメージや
雰囲気を変えることができます。
お選びいただけるように、私どもでも
ご用意しておりますが、お好みの紙や
お手持ちの布などに張替えることも
できますので、ご相談いただければと
思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~時代仕上げ(時代白)

先日、鈴鹿市のお宅に桐箪笥再生の
お見積りにお伺いした際、
お見積り書の納品期日の欄に
「平成31年5月末」・・・
と記してしまいました。

言われるまで、全く気付かず・・・、
平成31年は4月30日までだったのですね。
「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」と
5歳の女の子に叱られそうです。 (>_<)

さて今回は、時代仕上げの塗りの様子を
ご紹介します。
時代仕上げの時代白の塗り作業中です。
桐タンスの下台を終えて、
写真はお盆を塗っています。

時代白の砥の粉。
モダンな印象に仕上がります。
時代白を選ばれるお客さまは、なぜか、
ひと目で決められることが多いです。

下の写真は、砥の粉乾燥後の扉です。
時代白は乾燥後に、木目を出します。
乾燥後は、木目がぼやっとして、
粉っぽい状態ですが・・・、

余分な砥の粉を落としていくと、
徐々にきれいな木目が現れてきます。

砥の粉を落とし過ぎると、
きつい印象になってしまいます。
この後ロウ引きをすると、
さらに木目がでるので、
やわらかな印象に仕上がるように、
砥の粉をいい具合に残しながら、
木目を出すようにしています。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~金物カビ処理

毎日朝から暑いですねぇ。
我が家は夏は麦茶なのですが、
1.2リットルのピッチャーを
1日に2本用意しても、今年は
追いつかず、ずっと麦茶を
作っているような気がしている
今日この頃です。

さて、現在修理している
桐タンスの金物です。


カビ処理をして乾かしています。
さっぱりとして気持ちよく、
触り心地も滑らかになりました。

再生されて一足先に本来の姿を
取り戻した桐タンスも、
きれいになった金物との再会を
楽しみに待っているようです。
再会した後の姿もまた、
ご紹介できればと思います。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~仕上げ塗り

暑いですねー。
今年の夏はこれが挨拶のように
なってます。

それでも、気温が夜になっても
下がらない日が続いていましたが、
昨日今日は風も出て、夕方ごろからは
過ごしやすく、少し助かっています。

さて梅雨に入る前に仕上げておきたかった
とのこ仕上げの桐たんす。
この桐たんすの前の桐タンスの修理に
時間を要したので、取りかかるのが
少し延びましたが、梅雨も早く明け、
天気も良く、連日、とのこ仕上げ日和です。

温度や湿度など、桐たんすの塗装
にとっては良い条件が揃っているので、
塗りすすめていくと、順々に
からっと乾きはじめます。
刷毛につける砥の粉の量や
刷毛を動かすスピードや回数、
最後の刷毛を通すタイミングなど、
全ての面に対して同じように
塗装していきます。

実際に回数を数えることはしませんが、
刷毛から伝わる砥の粉の水分量を
感じながら刷毛を動かしています。

天気が良く乾きも早いので、
素早く丁寧な刷毛の動きが必要で、
気の抜けない作業が続きますが、
砥の粉が乾いて、きれいな木目が
徐々にあらわれてくると、
ここまでの修理過程が報われたようで、
ひとまずは、ほっと安心といった
気持ちになります。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~金物取り付け

夏のような暑さが続いたと思えば、
ここ二日ほど雨とともに肌寒くなり、
上手い具合に使いきった灯油でしたが、
再び買ってしまいました。

体に不調が表れている方も多いと思います。
気圧の変化は頭痛や倦怠感など、
体や心の調子に影響があるそうです。

このような時こそ、規則正しい食事や
十分な睡眠を心掛けたいですね。

近所の川沿いの桜も葉桜となり、
景色が日に日に変化しています。
川を挟んで向こう側は、
ハナミヅキの花が見頃を迎えていました。

 

さてさて、現在修理している桐箪笥です。

再生も終盤となり、
金物を取り付ける工程に入りました。

上の写真は最初に
金物を外した時のものです。
引手や丸座錠など鉄でつくられていて、
手にも良く馴染んで重みもあり、
男前の金物です。


これは丸座錠です。
錠前と丸い座が一体になっています。


ひっくり返すと、
こんなふうになっています。
三角の尖った部分を
木に差し込んむことで、固定されますが、
このような古い金物を取り付ける前には、
ちょっとひと手間を加えます。


ドリルで穴を開けて、
表から釘でも固定できるようにします。

 


また、小鋲をアルファベットの
「J」のように
曲げたりします。
これは背板など薄い部分に隅金具を
取り付ける時に使います。
打つには少しコツが必要ですが、
よく利いて、抜けにくいです。

ちょっとひと手間を加えると、
古いものでも再び安心して
長く使えるようになると思います。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~洗い

今日は暖かいというよりは、
暑いといった方が良いような
お天気でした。

我が家の梅の花も遅咲きですが、
今年もきれいな花を咲かせています。

「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」
という言葉を信じて、冬に剪定した梅の枝。ちょっと不安になるぐらい切ってしまったので、
今年は花が咲くか心配していたのですが、
無事に咲いてくれました。

さて、現在修理している桐箪笥です。
本日は洗いから始めました。
洗い後、日陰でじっくりと乾かしているところです。
何十年とかけて溜まった埃や汚れが
洗い流され、こざっぱりとしました。
春の心地よい風を受け、気持ちよさそうです。
本日伊賀地方には、乾燥注意報が出ていましたので、
ある程度水分がなくなった頃を見はからって、
室内で乾かしました。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐タンス修理~木地修理中

寒いですね。
先日わずかな時間で降り積もった雪が、
屋根からドスンと音をたてて落ちています。
我が家は氷室のようで、本当に春が恋しいです。

さて、現在修理を行っている桐箪笥です。
本体に緩みが見られたため、調整しながら、
ハタガネで締め直しをしたところです。

こちらは、引出し前面のかけ部分の修理です。

修理箇所が目立たないように、三角形に欠き取ります。

三角の新しい桐材をはめて、
隙間がないように打ち込みます。

こちらは、引出しの上端部分です。
棚板と引出し上端の隙間を無くすため、
新たな桐材を足すところです。

斜め横から見ると、こんなかんじです。
足した上端は、少し余分に足しているので、
木地修理の終盤に本体に引出しを入れて、
削りながら引出しの仕込み直しをします。

こちらは、本体背板です。
材が縮んで割れが生じ、
木釘も緩んで効いていないので、
新しい木釘を入れて、打ち直しをします。
木釘の連打前です。

連打した後、のこで木釘の頭を引きます。
背板が本体にきちんと張り合さりました。
大まかな修理が終わると、次は細かな傷や
丸まった角の修復をしていきます。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

桐たんす修理~仕事納め2017

毎年年末になってバタバタ大掃除するのが、
恒例になってしまいました。
寒いので無理しないようにと思っていましたが、
昨日は思いのほか暖かかったので少し片付けられました。

今年はおせち料理を少し作って、お正月の準備をしました。
こちらも無理をせず、簡単なものだけにしました。
子供の頃は、黒豆やなますなど喜んで食べていなかった
のですが、だいぶ大人になった今では、これがないと
寂しいと思うくらいです。

歳を重ねると思ってもいなかったことをやってみたり、
食べられなかったものも食べてみたくなったり、
変化していくものですね。

桐たんす再生工房おおいしも、より良く変化・進化
できるようになればと思います。

今年も多くの方にお世話になりました。
ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。

主人からも一言

今年も無事にこの日を迎えることができました。
例年通り、大晦日が仕事納めの日となりました。
大掃除を終えて、こざっぱりとした作業場には、
修理途中の桐たんすが次の工程を待ってくれています。

今年も様々な特色豊かな桐たんすとの出会いがあり、
再生をして、お返しした桐たんすは、
機嫌よくしてくれているかなと思いながら、
作業日記を見返しています。
来年も一棹一棹の桐箪笥との出会いを大切にしながら、
ご依頼していただいたお客さまの桐たんすへの思いに
お応えしていきたいと思います。
それではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。