桐タンス修理例 富山県Iさま

本日こちらは梅雨の中休みといった
お天気です。
この時期は貴重な晴れ間を利用して、
桐タンスのカビ処理と洗い作業に
タイミング良く入れるように、
お天気を見ながらの段取りが
欠かせないです。

 

さて今回の修理例は、娘さまの
お嫁入りの際に、ご準備されたもので、
水害によって、中に収納されていた
着物とともにカビの被害にあった
桐タンスの修理例です。

ご結婚後も富山のお母さまが大切に
預かってこられましたが、
今回の再生を機に大阪にお住まいの
娘さまの元で使われることになりました。

修理前の桐たんす:上台の扉

修理前の桐たんす:下台
上台が扉になっている大洋の
総桐たんすです。
本体の側面から前面への丸みが
特徴的で桐材も厚く、とても高級な
造りをしている胴丸の桐たんすです。

修理前の桐たんす:扉の中扉の中もしっかりと中の着物を
守る気密性のある引出しになっています。

経年により、表面の塗装(砥の粉)が、
落ち着いた、いい風合いの色に
変化していましたが、
扉の中の引出し前面や扉の裏、
本体下台の側面に黒カビが広範囲に
発生していました。

修理前の桐たんす:本体右下
ご購入から20年程ですので、カビ以外の
損傷はほとんどありませんでした。

 

 

修理の様子再生では薬品処理や削り直しをして、
心配されていたカビを除去しました。
カビが広範囲で多いこともあり、
数回に分けて様子を見ながら行いました。

この桐タンスの金物のカビ処理の
様子も昨年のブログで紹介しています。
こちらもご覧ください。

 

 

修理後:仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)

修理後:下台

修理後:扉の中

修理後:本体右下
桐の木目もやわらかで、本来の美しさを
取り戻しました。
中の着物もクリーニングできれいになり、
これで桐たんすも再生されましたので、
再び気持よく着物を収納して
いただけると思います。

 

大阪の娘さまのご自宅に納品後、
「この大きな桐たんすを手元に置いて
使うことを半ば諦めていましたが、
美しく蘇った桐箪笥を見ると
色々な想いが重なり、おおいし様に
感謝しかありません。」とのお言葉を
いただきました。

またお嬢さんも、桐箪笥に触れて、
ホンモノって良いねと引出しを
出したり閉まったり・・・、
桐箪笥の鍵もお嬢さんが預かって、
ほとんど自分のものと思っているご様子
とともに、それをそばで見ていて
温かい気持ちになっていますと教えて
いただきました。

このお話を伺い、ご依頼いただいた
富山のお母さまの思いが、
桐たんすを通じて、ご家族のみなさんに
じんわりと伝わっていくようで、
これからも桐箪笥とともに、その思いが
受け継がれていくことを思うと、
とても温かな気持ちになりました。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 三重県伊賀市Tさま

5月というのに、真夏のような暑さが
続いていますね。
まだ体が暑さに慣れていないので、
熱中症になる危険性が高く、
こまめな水分補給や休息を心がけて、
乗り切りたいところです。
我が家の麦茶のピッチャー、早くも
活躍してくれています。

 

さて今回の修理例は、ご自身のお嫁入り
の桐箪笥をきれいにして、これからも
大切に使い、ゆくゆくは、娘さまにも
お譲りになりたいとお考えになり、
再生された桐箪笥のご紹介です。
お母さまに持たせてもらった
お嫁入り道具は、他にもう一棹と
布団箪笥、長持ちなど・・・、
一緒に嫁いでこられたと伺いました。


修理前の桐たんす

(お預かり時に撮影)
総桐たんす。
引出しは蟻組み接ぎという仕口で
組んであり、外れにくく大変強固な
造りをしています。
表面は経年変化により、塗装(砥の粉)
が取れて、所々桐の木肌が現れ、
黒っぽくなった状態でした。
柔らかな木目や半月カンの引手が
とても上品な桐タンスです。

 

修理後:仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)
金物は状態も良く、汚れやくすみを
除去し、磨いて元々のものを
取り付けています。


再生前は、美しい桐の木目が分かり
づらくなっていましたが、
再生後は、お嫁入り当時の桐たんすの
姿を取り戻し、やわらかな桐の木目も
映えて明るい印象になりました。

 

これまでも「母が持たせてくれたもの
だから」と日々の暮らしの中で、
大事にお使いになられていたことが
うかがえる桐箪笥でした。
お話を伺いながら、桐箪笥に詰まった
お母さまの思いをそばで感じながら、
時には励まされたり・・・、
時には慰められたりすることもあるの
だろうなぁと感じました。

これからもTさまご家族の伊賀での
暮らしがやさしく見守ってくれる桐箪笥
とともに楽しく穏やかなものである
ことを願っています。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 三重県伊賀市Kさま

 仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)

以前のホームページに掲載していた桐タンス修理例を
ブログでも紹介していきます。

修理前の桐たんす

お母さまの大切な桐箪笥に、
大事な衣類を収納したいという事で、
洗い直しに出されました。

(扉の修理前)

(扉の木地修理中)

(扉の木地修理後)

扉の損傷が大きく、きちんと張り直すため、
一度枠の部分をばらして、鉄釘を抜き、
留め(45度と45度で合わせる加工)を
少しずつ削って調整し組み直しました。

修理後の桐たんす
 
この桐タンスは、長い間、蔵の2階に保管されていました。
蔵の中が桐タンスにとって良い環境であったようで、
扉以外は殆ど損傷は無く、元々しっかりとした厚みのある材が
使われていますので、修理後も長く愛用していただけると思います。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 京都府 Sさま

仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)

今回再生された桐箪笥は、お母さまから譲り受けられた
40年程前の桐箪笥すです。

表面が黒っぽく変色してしまっているため、きれいに直して、
ゆくゆくは娘さまにも譲ることができるようにと考えられ、
再生されることになりました。

修理前の桐たんす
 
傷や凹みがあり、金物は経年による劣化が見られ、
所々、メッキが剥がれた状態でした。

(納品時)
 
金物は、元々の色と同じ古美(ふるび)色にメッキ直しをし、
扉の丁番も劣化が見られたため、新しいものに交換しましたので、
これからまた長くお使いいただけると思います。

伊賀くみひもの房

「伊賀の方に修理をお願いするのだから」ということで、
おおいしオリジナルの伊賀くみひもの房もご依頼いただき、
今回Sさまの桐箪笥に仲間入りをしました。

元々ついていた房が『菊結び』という飾り結びの房でしたので、
伊賀くみひもでも、同じ飾り結びで製作していただきました。
結んだ形が菊の花に似ていることから、菊結びと呼ばれ、
延命長寿の意味をもつ、縁起の良い飾り結びです。

再生前に、娘さま方も一緒に、仕上がりの色や房の色など、
桐タンスに合わせながら選んでもらったことが印象に残り、
とても嬉しかったです。

今後は、七五三の着物も収納されると伺いました。
着物を着せてもらう嬉しい気持ちなど、
この桐たんすが娘さまに受け継がれるまでにも、
多くの思い出が刻まれそうです。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

桐タンス修理例 神奈川県Mさま

仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ赤)

今回再生された桐箪笥は、100年程前のお祖母さまの
お嫁入り時のもので、お引越しで、ご実家内を整理される際、
この桐箪笥は残しておきたいとお考えになり、
再生されることになりました。

修理前の桐たんす

本体は5枚組み接ぎでしっかりと組んであり、
ゆるみの少ない状態でした。
引出しの底板や背板の割れ、細かな傷や欠け、凹みが見られ、
背板に横ずりの深い傷や犬・猫のひっかき傷がありました。

(再生前) 前面の桐材が剥がれた箇所です。

(木地修理後) 白い箇所が新しい桐材です。

(再生後)


 
とのこ赤は、明るくかわいらしい印象で、
金消し色にメッキ直しされた金物との相性も良く、
程よく揃った木目も美しく映え、本来の姿に戻りました。

納品の際、お母さまが「もう一度お嫁に行かないといけないわね」
と喜ばれ、桐タンスを譲られた時のお父さまとの思い出など、
教えていただきました。
これからも、ご家族をつなぐ思い出の品として、
長くお使いいただければと思います。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。