伊賀焼窯出し市と信楽作家市

令和元年を迎え、ゴールデンウイークも
真っ最中ですね。
みなさまは、いかがお過ごしですか。

私たちは、一応後半の数日は
再生作業をお休みして、
普段できないことをしよう!!
ということで、「片づけ祭り」を
することにしました。
奥さんが随分前から気になっていた
「こんまりさん」の本を読んでいて、
同時期に私も偶然NHKの番組を
見たことから、片づけを決意!

「こんまりさん」の片づけは、
「何でもかんでも捨てる」のではなく、
「ときめくモノをきちんと残す」こと。

ということですので、セオリー通り、
家の中のもの一つ一つを手に取って、
ときめくかどうかを自分にたずねる
作業をしています。
やっと服と本、それに書類関係が
終わりましたが、小物や思い出の品は、
家のあちらこちらに分散しているので、
時間がかかりそうです。

 

さてさて本日3日、片づけの合間をぬって、
今年も伊賀焼きの窯出し市に出かけました。

 

さらに今年はお客さまから、
お隣の滋賀県信楽町の「陶芸の森」で
行われる作家市もおもしろいよと
教えてもらっていたので、少し足を
のばしてみました。

私は、ずっと欲しかった一輪挿しを
奥さんは朝食のヨーグルト用の器を
求め、自分のときめきを頼りに、
気になるものは手に取りながら、
一つひとつのブースをまわりました。

 

見るとほっとして、触るとあたたかみが
あり、店の中に並べられた器たちから
作家さんのお仕事への愛情がじわじわと
感じられた、こちらの一輪挿しと器を
一周回った後に戻って購入しました。   一輪挿しは日々の暮らしに季節の彩りを
与えてくれそうです。
草花の他にも木の実やハーブなども
挿してみたいです。
ヨーグルトの器は早速明日の朝から
使ってみたいと思います。

朝のヨーグルト作りだけは私の担当。
ヨーグルトは奥さんがヨーグルトメーカー
で作ってくれているので、
担当といっても、私はリンゴやバナナ、
プルーン、あればキウイなど、
その日ある果物を切って、
器に盛るだけです・・・が、
明日の朝が楽しみです。
大事に使っていきたいと思います。

 

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

 

伊賀焼陶器まつり 2017

もうお彼岸ですね。
夏がすっかり終わってしまったと感じるほど、
夜ともなると涼しくなってきました。
急いで長袖を出したり、着てみるとやっぱり暑くて
脱いでみたり何を着ていいのか難しいです。

この前の連休は台風におびえて過ごしていましたが、
今週は天気に恵まれてよかったと思っている人も
多いのではないでしょうか。

昨日は伊賀市の阿山で行われている、伊賀焼陶器まつりに
行ってきました。

例年は夏に行われていたように思いますが、
今年は9月に開催です。祝日ということもあり、
多くの人で賑わっていました。

以前からあったらいいなぁと思っていた、
可愛らしいミルクピッチャーを見つけました。

ほかにもたくさん欲しいものはありましたが、
またのお楽しみということで・・・。

今日まで陶器まつりは開催されています。
色んな窯元が出展していて、見ているだけでも楽しいので、
お出かけしてみてはいかがですか。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

伊賀焼の郷 2015

もう5月の半ばになりましたね。
今年のゴールデンウイークも、伊賀焼の郷「長谷園窯出し市」に
行ってきました。
多くの人で賑わっていて、ゴールデンウイークらしさも
味わいながら、陶器と長谷園を楽しんできました。

色んなお店の陶器なども並んでいて、それぞれ個性のある
お店を見て回るのも楽しかったです。

長谷園では土鍋が人気です。
行きかう人が、大量に土鍋らしきものを買った雰囲気がして
いたので気にはなっていました。
土鍋はいらないかなぁと思っていたのですが……
見ているとだんだん欲しくなり、
また半額以下でびっくりするほど安いので、
本気で品定めをしてしまいました。
今回は、鍋焼きうどん、風邪をひいたときのお粥用として
一つ小さい土鍋をゲットしました。
ついていたレシピに、土鍋焼きプリンが載っていたので
これもおいしそうです。

何気に置かれている玄関先のグリーンも素敵です。

先ほどのグリーンに影響され、植物が欲しくなり山野草が
売っていたので、これもゲット。
名前を何回聞いても覚えられないので、お店の方が札を
つけてくれました。
「ヒメイズイ」というそうです。

枯らさないように、大事に育てようと思います。
できれば増やしてみたいのですが、まず調べてみなければ

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

初、長谷園の窯出し市

今年のGWは伊賀焼の郷、長谷園(ながたにえん)に行ってきました。
登り窯
長谷園はずっと行ってみたいと思っていたので、
毎年恒例の窯出し市に初めて行ってきました。

GWの2、3、4日で毎年行っていて、今年で19回だそうです。
「すごく混むよ」と聞いていたので、気合を入れて朝一で出発。
壬生野インターを出たところでいきなり渋滞だったので、
噂通りだなと思ったら、インターを出た信号だけの渋滞でした。
駐車場の手前で混みますが、大きい駐車場なので
止められないということはありません。
行く時間と日にちによるのかもしれませんが…

色々な工房の方々の出店を見て回るのも楽しいのですが、
私は当主屋敷・庭園の雰囲気が気に入りました。
置かれている焼き物も素敵なのですが、やはりタンスに目がいき、
古い民芸箪笥を時間をかけてじっくりみさせて頂きました。
民芸家具 長谷園
庭
入口には、焼き物が敷き詰められていて、
上を歩いた時に鳴る音に癒されます。
GWで混んでいたので、ずっと音を楽しむわけにもいかず、
空いているときにゆっくり楽しむのもいいのかもしれません。

入口
初めて来た記念に、大きめのマグカップのような
ビアカップを購入しました。
渋くて軽くて持ちやすいので、気に入ったのですが、
私たちは、ビールをあまり飲まないので、
これでコーヒーを飲むことになるかと思います。(*^^*)

出店でコロッケを買って食べたり、掘り出しものを
見つける楽しさと、本物の焼き物を見て勉強になったりと、
会場も広く、初めての窯出し市を満喫しました。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。