伊賀ご当地フォルムカード

はがき
切手は小さい頃から好きだったので、
収集まではいかないにしても
手紙を出すときは、なるべく記念切手を
貼るようにしています。
ただの自己満足なんですけどね。

先日、郵便局に行くと三重県の切手パックが
最近発売されたと聞き、なぜか3セット購入。 

自分の趣味を押しつけるのも何だか悪いような気がするけど、
誰かにあげるか、友達に手紙を送ろうかな、
なんて考えています。

ポストに届くのは請求書かダイレクトメールが多いので、
私は手紙が届くと、ものすごくうれしいです。

隣を見ると”忍者with上野城”の
ご当地フォルムカードがありました。
今まで見たことがなかったので、聞いてみると、
これも最近発売されたそうです。

県外の友達にお便りを出したかったので、
伊賀らしいこのカードを送りたいと思います。

切手はもちろんこの三重県切手を貼ろうと思ったのですが、
なんとこのご当地フォルムカードは定形外なので、
52円ではなく、120円分の切手を
貼らなければいけないそうです。

120円分の普通の切手一枚を貼るのではなく、
三重県切手をどういう組み合わせで貼ろうか
カードのスペースと相談中です。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です