桐タンス修理~前飾りの房が届きました

雨が降って少し肌寒いです。
湿度が高いので、今日は久しぶりにストーブをつけて
作業しています。

もうすぐ修理が終わる桐箪笥につける房が届きました。
長年ついていた房は少し変色していたので、
付け替えることにしました。

どういう房にしようか迷いましたが、
もともとついていた房が素敵だったので、
それに近い色と形で製作してもらいました。
金色や赤や紫などはよく見かけますが、
これはお洒落な色だなぁと思います。

房頭の上には、前の房と同じように、
揚巻(あげまき)結びという結び目も
つくってもらいました。
房がなくてもシンプルですが、
房を付けると雰囲気が変わりますね。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

伊賀の菜の花