桐タンスの房

桐箪笥の扉には、飾りとして房が付いていることが
多いのですが、年数を経るとこのようにほころんでしまう
ことが多いです。

経年による変色や、房を引っ張って扉を開けたり
するため、損傷してしまうのだと思います。
桐たんすをきれいに再生すると、房も仕上がった色に
合ったものをつけて再び使ってもらいたいなぁと
思っています。

既製のものは色も形も数が限られているし・・・
どうにかしたいなぁ
本気で思案中。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です