冬仕事

年末、桐タンス修理・再生の依頼が増えています。
ありがとうございます。
依頼してくださる方には、お待たせしている状況です。
大変に申し訳ありません。

主人は毎日桐箪笥の修理・再生に没頭中です。
私も運んだり、お掃除など雑用は手伝えるのですが、
職人の仕事なので、主人に頑張ってもらうしかありません。
近くから見守っています。

さて、私ですが、
去年の今頃、「漬け方がわかれば作ってみたい。」
と言った私の言葉を覚えていてくれた方が、
「今年は大根がよくできたから漬けてみるかい?」
と漬物用に大根をたくさんいただきました。

初心者の私に漬物の素を教えてくれ、
その通りに今回は作ってみることにしました。

早速、スーパーに買いに行くと、
その大根の素は売り切れていて、
店員さんに聞くと、すぐに入荷するとのことで
後日買いに行くことにしました。

日をあらためてスーパーに行って、
その素を買い、次はホームセンターに行って
漬物容器をゲット。

この漬物容器を私が買う時が来るなんて…
しかも30ℓ
40ℓと迷ったのですが、初心者は30ℓにしておきました。

作り方の通りに大根を洗い、4等分に切り、塩をまぶして
5日から1週間待ちたいと思います。
その後、素を使って本漬けのようです。

20㎏の重石がいるので、よさげな石を
主人に探してもらいます。

田舎は季節ですることがたくさんあるようです。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

伊賀大山田の紅葉

次の記事

桐タンスの裏の話