いちじくジャム作り

主人は、時代仕上げ(焼き桐)の真っ最中です。

実家から荷物が届き、開けてみると、
庭になっているいちじくが、
袋いっぱいに入ってました。 

重さを測ると、1.4kgもありました。
小粒ないちじくがたくさんありましたが、
小さいほうが、甘くて美味しいそうです。

「これで、いちじくジャムを作るといいよ。」
と言われたので、早速作ってみます。

1.まず、皮をむき……これは小さいのが多いので、
結構大変。
イチジク2
2.砂糖をまぶして、しばらく置いておく。
砂糖はいちじくの40%くらいと本に書いてあったけど、
少な目にしてみます。
3.煮込んで、レモン汁も入れて更に煮ます。
25分くらい煮ました。
大きめに切ったので、いちじくの形も残り、
とろとろになって完成。

私は生のまま食べるのも好きですが、
いちじくが少し苦手な人は、
ジャムにすると美味しくいただけると思います。
ジャム

荷物にはいちじくだけではなく、
母親手作りのこんにゃくも入れてくれていました。
こん4
お刺身こんにゃくでいただくと美味しいんです。

毎年、こんにゃくを作っているのですが、
とうとう今年は、自分の畑でこんにゃくいもを作って、
このこんにゃくを作ったそうです。
なんかすごいです。

いろいろ教えてもらわねば。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です