東京都 Sさま 金物が使えたら残したい母の形見

この桐たんすは、お母さまの形見の品であることや、付いている金物も貴重な珍しいものなので、この金物が使えるのであれば、直して手元に置いておきたいということで再生されました。「時代赤」は比較的小ぶりな桐たんすと相性が良く、可愛らしさが増しました。民芸調の金物とも良く合い、前板の木目もやわらかな風合いになり、この桐たんすの持ち味を再び活かすことができ、とても嬉しく思います。四隅タイプの鉄脚も取り付け、以前とはまた違った使い方を楽しんでいただけると思います。