最初の日曜日は鈎引き

年が明けて、早くも12日が経ちました。
今年も正月三が日は、ゆっくりと過ごし、
4日から仕事始めとなりました。

最初の日曜日となる1月7日は、
地域の行事「鈎引き」です。

昨年はカメラマンが撮影に来られていましたが、
今年は何人か見学の方がおられました。
この行事は他の地域に住む方々にとって、
興味深いもののようです。


この写真は地域のカメラマンさんが、
撮ってくださったものです。
鈎引きの準備の段階で鈎となる木を、
みんなで作ったしめ縄に引っ掛けているところです。

地域の繁栄や幸せを引き寄せるという
願いを込めて、みんなで息を合わせて
掛け声をあげながら、縄が切れるまで鈎を引きます。
縄が切れると自然とみなさん笑顔になります。

午後からは、ご近所の方々との新年会でした。
普段はこもって作業をしたり、外に出たり
しているため、近くに住んでいながら、
なかなかお話ができないのですが、年の始まりに、
みなさんと一緒に美味しい食事をいただき、
ゆっくり過ごすことができました。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。桐たんす再生工房おおいしについては、
こちらをご覧ください。