桐タンスの金物について

古い桐箪笥を見ると、味があるなぁと
見入ってしまうのですが、
その桐箪笥に付いている金物も、
それぞれに味があります。
min
min2
tonooil
oba
シンプルなもの、手作りのもの…
年数を経た金物を磨いてみると、
艶やかな金色だったりして、
”これがこの色になったんだぁ!!”と
時の経過を感じさせてくれます。

古い金物を再び使うことは、丁寧に外し、
磨いて、塗装をし直すため、手間のかかる作業ですが、
大事にしたいと私たちは、考えています。

長い間、桐タンスと一緒についていた金物は、
今では作られていないものもありますし、
経年変化した金物の色に、お客さまも愛着を感じて
おられると思います。
同じものには出会えない、手作りの物などは、
大変貴重ですので、出来る限り、元々付いていた金物を
使えればと思います。
hiro
hiro2

直して使えるのであれば、直しながら使い続けるのも
良いかもしれませんが、劣化によって使えなくなり、
交換する必要がある物もあります。
扉の開閉に使う丁双は、長い間の使用による劣化が
大きいので、これから先のことも考え、新しいものに
交換しています。
丁双

桐タンスの印象が変わるアイテムの一つ、金物。
「古い金物はすぐに壊れてしまうから全て交換します」
と言われて、重厚で趣きのある元々の金物を
すぐに劣化してしまうような安価な金物に交換されてしまい、
雰囲気が変わってしまったと後悔される方もおられます。

私たちは、『元々の雰囲気を残しつつ、今の暮らしの中でも
しっかりと使えるようにしたい』、『雰囲気を一新させたい、
新しい金物に変えたい』など、様々なご希望を伺いながら、
再生・修理していきたいと考えています。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

伊賀・青山高原 9月

次の記事

いちじくジャム作り