桐タンスの金物~メッキ直し

今日は冷え込んでいますね。
関東では11月の初雪が54年ぶりということですが、
これから来る本格的な寒さに備えをしなければと、
まずはあったかいセーターを着こんでいます。
作業場からは、金物の取り付けを行っている音がします。

最近は、桐箪笥の修理をするお客さまの中でも、
元々の金物を気に入っていて、きれいにして再び
使いたいということで、「メッキ直し」を
希望される方が多いです。

この金物は鉄さびという色ですが、
金、銀、ブロンズ、仙徳、古美等様々な色を選べるので、
「メッキ直し」で再び金物を使い込んでいってもらえたらと
思います。

「メッキ直し」とは
メッキというと、メッキが剥がれるとかの言葉の
イメージで、私はメッキ直しと聞いて、何かを塗るという、
塗装というイメージがあったのですが…
少し違うみたいです。

メッキとは、金属または非金属の表面を
他の金属の薄膜で覆うこと。
また、そのようにしたもの。防食・装飾などの
ために行い、方法には電気鍍金・溶融鍍金・
蒸着鍍金などがある。
goo 辞書 より

「メッキ直し」は、再メッキする、メッキを施し直すという
表現で考えてもらうといいのかもしれません。
金物によってはメッキ直しが難しいものもありますが、
今の金物を活かしたいと思われていましたら、
是非ご相談ください。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
金物をメッキ直しした桐たんすの修理例はこちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です