桐たんす修理~仕事納め2017

毎年年末になってバタバタ大掃除するのが、
恒例になってしまいました。
寒いので無理しないようにと思っていましたが、
昨日は思いのほか暖かかったので少し片付けられました。

今年はおせち料理を少し作って、お正月の準備を
しました。こちらも無理をせず、簡単なものだけ。
子供の頃は、黒豆やなますなど喜んで食べていなかった
のですが、だいぶ大人になった今では、これがないと
寂しいと思うくらいです。

歳を重ねると思ってもいなかったことをやってみたり、
食べられなかったものも食べてみたくなったり、
変化していくものですね。

桐たんす再生工房おおいしも、より良く変化・進化
できるようになればと思います。

今年も多くの方にお世話になりました。
ありがとうございました。
来年もまたよろしくお願いいたします。

主人からも一言

今年も無事にこの日を迎えることができました。
例年通り、大晦日が仕事納めの日となりました。
大掃除を終えて、こざっぱりとした作業場には、
修理途中の桐たんすが次の工程を待ってくれています。

今年も様々な特色豊かな桐たんすとの出会いがあり、
再生をして、お返しした桐たんすは、
機嫌よくしてくれているかなと思いながら、
作業日記を見返しています。
来年も一棹一棹の桐箪笥との出会いを大切にしながら、
ご依頼していただいたお客さまの桐たんすへの思いに
お応えしていきたいと思います。
それではみなさま、どうぞ良いお年をお迎えください。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。桐たんす再生工房おおいしについては、
こちらをご覧ください。