伊賀の菜種油でお菓子作り

ケーキなどのお菓子を作る時は、
バターのコクのある風味も好きなのですが、
植物油を使いたいなぁと思い、この胡麻油を
使っています。
しっとりとして軽い口当たりで、匂いがないので、
素材の味をひきたたせてくれます。
最初は四日市というラベルを見て、
地元の物に惹かれたのが一番なんですけど

伊賀にもありました。
伊賀産なたね種実100%です。
素敵な瓶に入って、お土産用で菜種油が
売っているのは
見かけたことがあったのですが、
今回このお得なペットボトル入りが
新発売ということでお菓子にも使えることを
確認して購入しました。

今までのと何が違うのか丁寧に教えてもらったのですが、
製法だったかな詳しいことは忘れました。

この菜種油を使って、大好きなちんすこうを作りました。
たまたまいいなぁと思って見ていたお菓子の本が
よく見たら伊賀の人の本でした。 

ちんすこうのレシピが載っているお菓子の本を
見たのも初めてで、ラードを使わないシンプルな
材料だったので、すぐに作れると思い早速作ってみました。
比較的すぐに作れると思うのですが、
少しボロボロしてまとめにくいので、
形を整えるのに時間がかかるかもしれません。
これが焼きあがった時のほろほろのちんすこうの
歯ごたえになるんだと思います。

この本では米油を使っていますが、
私は菜種油を使いました。

(定番のちんすこうです)

(ごま塩ちんすこうです)

黒ゴマがなかったので白ごまを使用しました。
砂糖が控えめで塩が少量入っているのですが、
塩味がよく効いています。  

《参考にした本です》

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です