京都大原で桐タンス用の和紙をさがしていたら…

先日、仕事で近くに来たので、京都の大原に立ち寄りました。
京都市ですが、山間の自然豊かなところです。
三千院までの小路にあるお店に和紙が置いてあったので、
見させてもらいました。

桐箪笥の再生で、根隠しといわれる金物を付けて、
引手の割足を隠すのですが、和紙を貼って隠す時もあります。
その和紙があればなぁと見ていたら……

店内のストーブが故障していて、今度買い替えることをきっかけに
お店の方に色々な話を聞かせてもらいました。
長い間使ってきたので、新品のものを購入するより、
何とか修理して使ってあげたいと話されていました。
自分に関わる人や動物、道具や物にも愛情深く愛着を持って、
最後まで関わることを大切にされている方だなぁと感じました。

私たちも、桐タンスは直せばまだまだ使えるので、捨てずに
直して使ってほしいなと考えているので、楽しいひと時でした。
ふらりと立ち寄ったお店でしたが、色々なお話をしていただいて
嬉しかったです。

お店を後にして散策していたのですが、
肝心の和紙を買い忘れたので、帰りに再び立ち寄り、
関西名物「あめちゃん」のお土産までいただきました。

桜、あじさい、紅葉など、見頃の時期がたくさんあるそうなので、
お弁当を持って、京都大原を訪れてみてはいかがですか。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です