桐タンス修理~うづくりかけています

今日の桐箪笥修理です。
シャッシャッとリズムの良い音が聞こえてきます。
本体の側板にうづくりをかけ、木目を際立たせています。
これは全体にも行います。

木目が際立ち、自然な凸凹ができるので優しい
雰囲気がでます。
うづくり後です。

うづくりって
うづくりは木材加工方法の一種で、木の表面の
柔らかい部分を磨きながら削ぎ落して木目を浮き上がらせ、
木目を際立たせます。
使ってる道具はこちらです。
刈萱(かるかや)いう植物の根を束ねたものです。

使っているうちにこんな風に短くなっていくんですよ。
長年、愛用して、手に馴染んでいるようで、
上のうづくりと使い分けているそうです。


我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

伊賀の忍者列車

次の記事

桐タンスの房