桐タンス修理~金物直し

ゴールデンウイーク真っ最中ですね。
本日も桐箪笥再生の作業を行っています。
カンカンと音がしています。

今日の桐箪笥修理は、外した金物をまた使えるように、
曲がった所をたたいてまっすぐに直しています。
真っ直ぐにきれいに直して、金物を再びしっかり取り付けます。


この叩き台はレールアンビルというそうです。
初めて名前を教えてもらいました。
名前の通り、レールアンビルとは鉄道用レールを切断して
天面を平面に仕上げてある叩き台のことのようです。
確かにレールっぽいですね。
金物を真っ直ぐに直す他にも、鉋の刃を直すときにも使ったりして
重宝しているそうです。

明日は天気がいいようなので、桐たんすを洗うお手伝いをします。

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

伊賀の菜の花

次の記事

伊賀焼の郷 2015