桐タンス修理~引出しをリメイク③

三つに分かれる桐箪笥修理の、
上台と下台のリポートです。
この二つを、重ねて使用できるように少し変身します。
全体

上台と下台の木地修理が終わり、
下台の引出しは、AV機器等を収納できるように
フラップ式にしたいため、前板のみを残しています。
フラップ式   上台

下の写真は、とのこを塗って乾かしているところです。
桐タンスの塗装に使用するとのこは、その日の温度や湿度が
影響するので、刷毛を動かす速さや、とのこの分量などを
加減しながら仕上げているそうです。

とのこを塗っている時の主人は、普段とは違い、
自分の前にある桐タンスの木目をきれいに出す事に
集中しているという感じです。
ですので、塗っているところの写真撮影は遠慮して、
塗り終わって、乾燥中の写真を一枚。 
完全に乾いたところも一枚。 
塗装 塗装2
ロウを引いて艶を出し
きれいになった金物を取り付けて
ロウ引き 金物k
完成です。
本体部分は着色し、オイルで仕上げています。

オイル仕上げは、しっとりとした艶があり、
ウレタンのように硬い塗膜で表面を覆わないので、
とのこ仕上げや時代仕上げ同様に、桐の呼吸を妨げません。
塗膜感がないので、桐のあたたかみが感じられます。
修理後 修理後フラップ式
修理後2
桐箪笥の定番であるとのこ仕上げと、
モダンなオイル仕上げを組み合わせることで、
和と洋が合わさり和モダンな印象になりました。
艶やか金物との相性もとても良いと思います。
この二つを重ねても、一つずつ分けて使うこともできそうです。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です