桐タンス修理~木釘を煎る

桐箪笥の木地修理を行う前に、ちょっとひと手間。
料理のようですが、フライパンに使用する木釘を
ばらっと入れて、乾煎りします。
余計な水分を抜くためです。

水分が抜けて締まった木釘を引出しの底板などに使います。
木材とともに伸び縮みするので緩まず、
表面も一緒に鉋がけすることができるので、
桐たんすにとってなくてはならないものです。

乾煎りした木釘を打ち込んだ後に、水をつけて濡らすことで、
木釘が膨らんで強さが増し、底板が外れにくくなります。

ちょっとしたことですが、このような受け継がれてきた技が、
中の品物を守り、長い年月使い続けられる桐タンスになります。


我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。