桐タンス修理~金物の裏


桐箪笥の修理中、金物の裏を見ると、
カラフルな色のことがよくあります。
アルミを再利用して作られたのかなと思います。

味わいがあるなぁと見入ってしまうのですが、
材料を大事に、昔の職人が一つひとつ丁寧に
作られたものであることがわかります。

また再び桐タンスに金物を取り付けてしまうと、
実は金物の裏がこんなにカラフルでかわいいというのが
わからなくなってしまうので、写真を撮って
お客さまに渡す桐タンス再生をまとめた
『桐たんすRecord』に載せさせてもらおうと思います。

これは別のお客さまの引出しの内側に取り付ける
根隠しというものです。

約70年程前の桐箪笥ですが
あのビールから作ったのだろうと思われるものもあり、
戦前戦後のものがない時代に工夫して作られるほど、
桐箪笥は婚礼家具として需要があったのだと気付かされ、
桐たんすのどの部分をとってみても、想いがつまっているな
としみじみ思います。

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。