桐タンスと鉄脚①

”The 桐箪笥”というような、 新品のように綺麗に
再生することが多いのですが、おばあちゃんやお母さんの
思い出のつまった桐箪笥を、リメイクして使いたい
という方も多くいらっしゃいます。 
愛着あるものを大切に使い続けたいですよね。

また、昔の味わいのある一点ものを自分好みにアレンジして、
心地いい家づくりをされる方もいらっしゃいます。 
大きさもそのままの大きさではなく、桐タンスは分けることも
できるので、引出しの部分だけをリメイクして等、
新たなインテリアとして楽しむことができます。

シンプルな桐たんすを民芸調に変えて直しました。
前2

後
今回、再生することになった桐箪笥はシンプルで素朴な感じも
素敵なのですが、インテリアとして存在感を出したいということで、
金物を民芸調に変え、鉄脚にのせました。 

仕上がりの色をどうしようかととても悩んでいました。
主人ははじめ、民芸金物に合わせて深めの濃い色が合うよう、
オイル仕上げにしようと考えたようですが、
桐の木目の美しさを活かすために、時代仕上げとしました。

木目を出す工程は、とても繊細で気を遣う作業なので集中しており、
主人の背中は”話しかけるなオーラ”が漂っています。
ですので、私は遠くから見守っています。 

できあがりを見て、こういうアレンジもいいなぁ。
やっぱり桐の木目は綺麗だなぁと見入ってしまいました。
新しいものを買うことは簡単ですが、古いものを直して大切に
使いたいと思うと、一つの桐タンスでも何通りの直し方があると
教えられます。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です