桐タンス×鉄脚~胴丸編

梅雨真っ最中ですね。
ジメジメして湿度が気になるのでし、換気扇と除湿器が
大活躍だと思います。
我が家は扇風機も使用して、風通しをよくしています。

畑には恵の雨のようで、雨が降ったあとは急に大きくなった
キュウリを見つけてびっくりしています。

最近は、桐箪笥修理の依頼で鉄脚を希望される方が多いです。
思い出深い桐たんすを、より今の生活で使えるように
鉄脚と組み合わされています。

今回は胴丸の桐タンスと鉄脚のコラボです。
鉄脚は、前面の曲線の形に合わせて、角を丸いカーブにしました。
脚の部分も円柱にし、優雅で柔らかい桐タンスの雰囲気に合うと
思います。
今回の鉄脚です。

桐たんすをのせると

今回は3つに分かれる桐たんすを上台は鉄脚にのせ、
中台と下台を合わせてお使いになりたいという事で、
リメイクすることになりました。
背が高くどっしりとした桐たんすでしたが、蒔絵が施された上台を
鉄脚にのせることで、一つの素敵なインテリアとなり、中台と下台も
上品なチェストになりました。

また背が低くなりましたので、地震対策にもなると思います。
大きい桐タンスを、どう使おうかと思案されていましたが、
「ずっと大切にしたい想い出の品に生まれ変わりました。」
と言っていただき、私たちも非常に嬉しく思いました。

思いのたくさん詰まった桐タンスを、お気に入りの形にして、
愛着あるものとして長く使ってもらえたらと思います。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です