桐タンス修理で出た廃材

毎日蒸し暑い日が続きますね。
体調を崩さないように、水分補給に注意しています。
ちょっとしょっぱいせんべいを食べてみたり。

古い桐箪笥を修理していると、虫食いや傷んだり
している材は交換するので、廃材が出ます。

そのまま廃棄するのはもったいないけど、
どうするかなぁ~と考えていました。
何か雑貨を作れるような大きさではないし、
傷んでいるので再利用は難しいなぁと思っていたの
ですが、何かひらめいたようで、このように細かく
カットしてくれました。

ウッドチップのように使ってみようかということですが、
通路の雑草対策として活躍を期待。

 

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

梅酒作り

次の記事

伊賀の忍者列車