桐タンス修理例 神奈川県Mさま

仕上がりの色:時代仕上げ(時代赤)

今回再生された桐箪笥は、70年程前のお母さまの
お嫁入りの時のもので、三重県のご実家内を片付けられていた際、
長年変わらず目にされてきたこの桐箪笥を直して、
神奈川のご自宅で着物を収納できればと考えられ再生されました。

修理前の桐たんす

長い間、屋根裏に保存されていた桐タンスの中には、
着物の他にも教本や型紙なども収納されていたそうです。

(修理後)

花車が描かれた引戸部分の唐紙には、一部劣化して破れた部分が
ありましたが、今回の再生では新しいものに替えてしまわず、
そのまま活かすことを希望されました。

時代仕上げ(時代赤)になり、明るくかわいらしい印象で、
経年変化した唐紙は、時代仕上げの風合いとも良く合い、
以前とはまた違った味わいのある桐タンスとなりました。

現在の暮らしの中でもしっかりと使えるように修理をし、
今回のように、経年変化したところを一部分残すことで、
時の流れや以前の面影が感じられるようになることも、
桐タンスの再生ならではだと気付かせていただきました。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

次の記事

伊賀の桜