桐タンス修理例 三重県津市Sさま

今回再生された桐箪笥は、お家をリフォーム
されたのを機に、いくつかある桐箪笥等をきれいに
直して、もう一度使いたいとお考えになり、
ご依頼いただきました。

修理前の桐たんす

天丸(天板の角が丸い)で桐の木目もやわらかく、
モダンな金物も印象的な上品でかわいらしい
桐タンスです。

(再生前)
引出しの上端と棚板の間に隙間がありました。


(木地修理後)
引出しの上端に桐材を張って、仕込み直しをしました。

(再生後)

(再生後)仕上がりの色:時代仕上げ(時代茶)

(時代茶の木目)


(再生前の引戸の絵)
松の形にかたどられていたものが剥がれ、
他も劣化して破れている箇所がありました。

(再生後の引戸の絵)

今回は、張り替えはせず、この絵のままで
ということでしたので、和紙を似た色に染めて、
松の形にして貼り、破れた箇所は繕うように
修繕しました。

やさしい風合いに経年変化した引戸の絵に合うように、
仕上がりの色は時代仕上げの時代茶をお選びに
なられました。

時代仕上げの風合いと引戸の雰囲気がよく合い、
味わいのある桐たんすに再生されました。
やわらかな木目も美しく映えて、Sさまの桐たんすの
持ち味を活すことができ、嬉しく思います。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。
その他の再生・修理事例は、こちらをご覧ください。