桐タンス修理例 埼玉県 Yさま

仕上がりの色:オイル仕上げ(ライトブラウン)

今回再生された桐箪笥は、「お嫁入り道具として、
母が持たせてくれた桐たんすだから、捨てることができない」
というお母さまの思いを大切にされて譲り受けられました。

修理前の桐たんす

(木地修理後)

表面を削った後、木地調整した塗装前の桐タンス。
引出しや台輪に部分的にアクが見られました。
黒っぽくなっている部分です。

仕上がりの色のライトブラウンは、木地の色の影響を
受けやすい半透明ですので、アク部分と白い部分とで
色の違いが出ます。
自然の特質ですが、気になられる方もおられるので、
いくつかの対処法をお伝えし、相談させていただきました。

Yさまは、多少の色の違いは味とお考えになられ、
この木地のままで予定通り、ライトブラウンになりました。

(再生後)

三つに分かれる桐タンスを上台+下台、中台+鉄脚にして、
ローチェストとして使われることになりました。

上台+下台(右側)は、元々のお母さまの桐タンスの
イメージを残せればということで、金物も経年変化した色を
残し、そのまま取り付けています。


中台+鉄脚(左側)は、和モダンな印象になればということで、
金物は黒で磨き、四隅に取り付ける鉄脚の高さは、
台輪と同じ75㎜で製作しました。

お祖母さまやお母さまの思いが詰まった、
子供の頃から慣れ親しんでこられた、桐箪笥だと思います。
再生によって、暮らしに合わせた自分好みのチェストと
元々の面影を残した新たな桐箪笥となっても、
見るとホッとできて、家族のつながりを感じられる、
Yさまだけのオリジナルの桐箪笥になったと思います。
お母さまにも喜んでいただけると嬉しいです。


我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。

その他の再生事例は、こちらをご覧ください。