桐タンス修理例 京都府 Sさま

仕上がりの色:とのこ仕上げ(とのこ黄)

今回再生された桐箪笥は、お母さまから譲り受けられた
40年程前の桐箪笥すです。

表面が黒っぽく変色してしまっているため、きれいに直して、
ゆくゆくは娘さまにも譲ることができるようにと考えられ、
再生されることになりました。

修理前の桐たんす
 
傷や凹みがあり、金物は経年による劣化が見られ、
所々、メッキが剥がれた状態でした。

(納品時)
 
金物は、元々の色と同じ古美(ふるび)色にメッキ直しをし、
扉の丁番も劣化が見られたため、新しいものに交換しましたので、
これからまた長くお使いいただけると思います。

伊賀くみひもの房

「伊賀の方に修理をお願いするのだから」ということで、
おおいしオリジナルの伊賀くみひもの房もご依頼いただき、
今回Sさまの桐箪笥に仲間入りをしました。

元々ついていた房が『菊結び』という飾り結びの房でしたので、
伊賀くみひもでも、同じ飾り結びで製作していただきました。
結んだ形が菊の花に似ていることから、菊結びと呼ばれ、
延命長寿の意味をもつ、縁起の良い飾り結びです。

再生前に、娘さま方も一緒に、仕上がりの色や房の色など、
桐タンスに合わせながら選んでもらったことが印象に残り、
とても嬉しかったです。

今後は、七五三の着物も収納されると伺いました。
着物を着せてもらう嬉しい気持ちなど、
この桐たんすが娘さまに受け継がれるまでにも、
多くの思い出が刻まれそうです。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。