おばあちゃんの桐タンス、その後

最近のおばあちゃんの桐箪笥です。
おばあちゃんの桐箪笥に、お皿なんかを
のせたりしています。
皿
おばあちゃんとは一緒に住んでいなかったので、
桐タンスは、おばあちゃんの部屋にあったんだろうなぁ
というくらいの記憶しかありませんでした。

夫が桐タンスを再生しているので、おばあちゃんの
桐タンスを持っている伯母の家に見に行き、
再生することになりました。

はっきりとした記憶は無くても、おばあちゃんの桐たんす
というだけで、かわいいなぁと思い、愛着がわきました。

この桐箪笥を久しぶりに見た母の感想は、
「この桐たんすで遊んだわ」でした。
ええ!!桐箪笥で遊ぶってどういうこと?
と思いましたが、よく聞くと、引戸の中の引出しに
入っている物を色々見たり、
『そこに入っているお金を持っていっていいよ』
とおばあちゃんに言われて、もらったりしていたそうです。

母にとって、思い出すおばあちゃんの桐箪笥の思い出は、
”遊んだ”ということなんだと、とても新鮮でした。
桐箪笥を見ただけで、おばあちゃんとの思い出や、
母の小さい頃の話が聞くことができ、楽しかったです。

きっと、それぞれの人が桐タンスとの思い出を
持っているんだと思います。
私が思っているより、桐タンスは
奥深いものなのかもしれません。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

伊賀・青山高原 9月