おばあちゃんの桐タンス分割してみた

約70~80年前のおばあちゃんの桐タンスです。
(直す前)
全体 前2
 
(再生後)
全体 前 全体 後
おばあちゃんの桐タンスが綺麗に直ったので、
(⇒直るまでの過程はこちらをどうぞ)
どのように使っていこうか、考えています。
仕上がりは、洋室に合わせたいので渋めの色にしました。
なんだかとても楽しみです。
まず、本来の大きさでたんすとして使うには少し大きい……。
この桐箪笥は3段に分けられるので、分割して使い方を
考えてみようと思います。

①上台
1
②中台
2
③下台
3
①上台+②中台
チェストとして使ってもいいかなぁ。
1+2
③のみ
ローチェストもいけるなぁ。
3のみ
TV台になるかも。
そして、並べてみてもいいかも。
TV台
移動して重ねては眺める。
使い方を考えながら次の組み合わせを試してみる。
今まで、こんなに家具の使い方を考えたことは
なかったのですが、桐箪笥を直す主人に、
影響をうけたのか、古いものを見直すように
なったのかもしれません。
おばあちゃんの桐タンスだと思うと愛おしさ倍増で、
大切に使いたいなぁと思っています。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

初、長谷園の窯出し市

次の記事

草って手強い。