桐タンスお届け待っています。

先月、伊勢志摩サミットが終わりましたね。
伊賀は伊勢志摩とは離れていますが、高速道路などの
規制や通行止めがあったので、なるべく遠出は控えるように
していました。
その間、作業に励んでいます。

桐たんすの木地修理

今は木地修理をしているところです。
気密性のある桐タンスは、引出しを入れたら、
他の引出しが出てきます。
隙間を埋めても造りによっては、引出しが出ない
桐タンスもありますが・・・。
引出しの上端に桐材を足し、棚板との隙間をなくして
仕込み直しています。

足した引出しの上端や側面を、削っては入れを何度か
繰り返して調整をし、桐たんすの機能を回復することを
目指して修理しているようです。

これから始まる梅雨の季節は、桐が水分を吸って
膨らむので、引出しがかたくなるのですが、
そうなることで、中の品物を守ってくれます。

このような桐タンスの機能を発揮させるために、
この引出しの調整が重要だと言っていました。

詳しい木地修理はこちらをご覧ください。⇒

桐たんすの梱包
こちらは現在、お届けを待っている修理を終えた桐たんすです。
自分たちでお届けする時はこのように梱包してから
伺っています。

運び入れる順番があるので、上台、中台、下台と
書いておくと、スムーズに運び入れることができます。

この桐箪笥は横幅が120cmなので少し大きめです。
桐はやわらかいので傷が付きやすく、再生した桐箪笥は
きれいにお届け出来るように梱包も細心の注意が必要です。

部屋いっぱいにシートや巻き段ボールやプチプチを広げて
順番に桐箪笥を包んでいきます。
きれいになってもとのお家に戻るまで、あと少しです。
桐たんすも何となく緊張しているのかなぁ

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

えんどうまめ

次の記事

梅酒作り