桐タンス修理~引出しをリメイク①

現在、修理している桐箪笥の紹介です。 
全体
TV台とチェストとして使えるようにリメイクします。
桐タンスは、何段かに分けることができるので、
生活に合わせてアレンジできます。

昔の人は、こんな風にTV台になるとは
思ってもいなかったでしょうね。
シンプルで可愛らしい桐たんすがどのように変身するのか
楽しみです。

金物を外して、汚れを綺麗に洗い流しました。
この桐タンスは3つに分かれるのですが、
これはその真ん中の部分です。
まずは小物が整理しやすく、使い勝手が良くなるように、
一番上の引出しを小さい三つの引出しに作りかえます。
引出し0
棚口を三つに分けて
0
引出しを一度ばらして
引出し1

引出し2
前板も3枚に切り 
前板
少しずつ削って棚口に合わせています
引出し3
だんだん引出しの姿になっていってます。
引出しの側板を新たに製作するため、
2枚の桐材を接ぎ合せます。
引出しはぎ
糊を入れ、ハタガネという道具で締めているところです。
糊が乾くのを行儀よく並んで待ってますね。
はぎあわせ
今回はここまでです。
また続きをリポートしていきま~す。 
続きはこちらです。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です