桐タンス修理~引出しをリメイク②

『引出しをリメイク①』の続きです。
桐箪笥の大きい1つの引出しを
小さい3つの引出しにします。

引出しの奥の板も、元の杉材を3分割し再利用しています。
組み継ぎ
ハタガネで接ぎ合せた新しく製作した側板も、
元の引出しの組み方と同じように合わせています。
板の厚みや幅が揃っていない部分があるので、
新しい側板はそれに合わせるように微調整が必要です。

新しく引出しを作るので、新しい材料で製作した方が
手間も時間もかからないようですが、元の材料が
まだまだ使えるので、それをできるだけ活かして
製作したいのが主人の考えです。

3分割した底板も合わせ、最後に木釘を打っていきます。
飛び出ているように見えるのが木釘です。それを打ちこみ、
余った部分は切り落とします。
底板
引出しが完成しました。
引出しは小さいのがあると、小物の整理に便利です。
引出し2
本体に引出しを入れては削ってを何度か行って、
スムーズに出し入れができるよう調整しています。

(修理前)
引出し0

(修理後)
引出し3
桐タンスを再生する時は、見た目を綺麗に直すだけでなく、
今の生活に合わせて、使いやすいように直して行きたいと
考えています。

今回は引出しをリメイクしていますが、
色を変えてみたり、形を変えたりすると、
使われていない桐箪笥もまだまだ使えると思います。
この桐箪笥がどのように変わるかまたリポートします。
お楽しみに。
続きはこちらをご覧ください。

 

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です