桐タンス修理~引出しをリメイク④

3つに分かれる桐箪笥をリメイクしてきました。
引出しを増やしたり、フラップ式にしたりしたことを
ブログで綴ってきましたが、自分の整理も兼ねて
まとめてみます。

(再生前)シンプルな桐箪笥です。
全体

<途中経過>
とのこ仕上げ×オイル仕上げ3段

(再生後:上台+下台)
とのこ仕上げ×オイル仕上げ2段
低めのチェストか、二つを横に並べて TV台にも出来ます。
とのこ仕上げ×オイル仕上げの 組み合わせで
和モダンな雰囲気です。

(再生後:中台)
とのこ仕上げ×オイル仕上げ 中
金物は新しいものをつけて落ち着いた雰囲気になりました。
小さいので、どのお部屋に置いても使いやすく
存在感もあります。一番上の引出しを3つに増やしました。

(中台+鉄脚)
オイル仕上げ鉄脚
オイル仕上げ鉄脚正面
一つの桐タンスをこのようにして分けることで、
高さも低く、圧迫感もなくなり、お部屋も広く感じられます。
また地震対策にもなります。

二種類の桐タンスが出来るので、おばあちゃんや
お母さんの桐タンスを子供たちで分けて使うこともできます。
いつまでもそばに置いて、一緒に暮らすことができますね。

その他の再生事例は、こちらをご覧ください。

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です