桐タンス修理例 三重県津市Sさま

お家をリフォームされたのを機に、前回の桐箪笥に続き、
二棹目は飾り棚の再生依頼をしていただきました。

(修理前の桐の飾り棚)

もみじの透かし彫りが施され、引戸や扉には、
アクセントとして黒檀が用いられています。


また、引戸に取り付けられた、きれいな彩色の戸引手は、
洒落た印象です。



塗装が剥がれたり、角が丸まり、傷や凹み、欠けなど、
使い込まれた跡が全体的に見られました。

(木地修理後)

(再生後)仕上がりの色:オイル仕上げ(ブラウン)

桐のやわらかな質感と良く合うオイルで仕上げています。

(納品、玄関に設置後)

お家の中にある家具は、受け継がれたものを少しずつ
手直しされながら、今も現役でお使いになられていて、
とてもあたたかみが感じられました。
使い込むほどに愛着を感じておられるようでした。

今回の飾り棚も再生後は玄関に設置されましたので、
こまごまとしたものをしまっておける収納として、
また、お家の顔としてお客様をあたたかく迎え入れてくれる
飾り棚になることと思います。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。