桐タンス修理とストーブ

本日の桐箪笥修理は仕上げ塗りです。
とのこを塗って乾燥させているところです。

塗った直後なので、ダークブラウンのように色が濃くみえますが、
乾燥すると本来のとのこの色になります。
乾いてくると、桐の木目がきれいにあらわれてくるんですよ。
桐の木目をきれいに出すために、乾燥時にもとても気を使うそうです。

そこで雨が降っていて湿度の高い時などは、
アナログなストーブが重宝しています。

ストーブの後ろの扇風機が気になるかと思いますが、
扇風機のやさしい風も利用しています。

画像の右上には、引出しを立てて乾かしているのですが、
左側から塗った順番に乾いている様子がわかるかと思います。

桐タンスの機能美を取り戻す木地修理と塗装は
こちらをご覧ください。⇒

今年の穀雨は4月20日でした。
穀雨は、毎年4月20日頃をいいます。
また、この日から立夏(5月5日)までの間も穀雨で、
「雨降って百穀を潤す」という言葉からきているそうです。
この頃から、変わりやすい春の天気も安定して
日差しも強まり、この時期に種まきをすると、作物の成長に
欠かせない雨に恵まれると言われています。

穀雨になると、冬服やストーブとも完全に別れる季節と
いうことですが、我が家には、まだまだ梅雨時期まで
ストーブは活躍してくれそうです。

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、こちらをご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

伊賀の菜の花畑 2016

次の記事

えんどうまめ