桐タンス修理~時代仕上げ(時代白)

先日、鈴鹿市のお宅に桐箪笥再生の
お見積りにお伺いした際、
お見積り書の納品期日の欄に
「平成31年5月末」・・・
と記してしまいました。

言われるまで、全く気付かず・・・、
平成31年は4月30日までだったのですね。
「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」と
5歳の女の子に叱られそうです。 (>_<)

さて今回は、時代仕上げの塗りの様子を
ご紹介します。
時代仕上げの時代白の塗り作業中です。
桐タンスの下台を終えて、
写真はお盆を塗っています。

時代白の砥の粉。
モダンな印象に仕上がります。
時代白を選ばれるお客さまは、なぜか、
ひと目で決められることが多いです。

下の写真は、砥の粉乾燥後の扉です。
時代白は乾燥後に、木目を出します。
乾燥後は、木目がぼやっとして、
粉っぽい状態ですが・・・、

余分な砥の粉を落としていくと、
徐々にきれいな木目が現れてきます。

砥の粉を落とし過ぎると、
きつい印象になってしまいます。
この後ロウ引きをすると、
さらに木目がでるので、
やわらかな印象に仕上がるように、
砥の粉をいい具合に残しながら、
木目を出すようにしています。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。
桐たんす再生工房おおいしについては、
こちらをご覧ください。

前の記事

オレンジピール作り

次の記事

伊賀の山里の紅葉 2018