桐タンス修理例 三重県名張市Tさま

今回再生された桐箪笥は、お祖母さまの
お嫁入りのもので、着物の素晴らしさを
教えてくれたお祖母さまの桐箪笥に
大切な着物を収納してお使いになりたい
とお考えになり、お家の建て替えを
機に再生依頼していただきました。

修理前の桐たんす

扉や引出しなどに傷みはありましたが、
長きにわたり大切にお使いになられて
いたことがうかがえる桐箪笥でした。

修理後:仕上がりの色:時代仕上げ(時代赤)


元々表面は白っぽいとのこ仕上げ
だったと思いますが、経年変化して
慣れ親しんだ再生前のおばあちゃんの
桐箪笥の雰囲気に近い色に
ということで、時代仕上げ(時代赤)
を選ばれました。

また、前飾りの房が一つ無くなって
いましたので、伊賀くみひもの房
ご提案させていただきました。
「これも素敵やなあ」と何度も
見本の房を桐箪笥にあてながら房の色を
決めていただきました。

再生前の前飾り

再生後の前飾り



再生前の房はシンプルな結びでしたが、
伊賀くみひもの房では、くみひもの部分
を楽しんでいただけるよう、几帳結び
という結びのある房となり、Tさまの
桐箪笥に新しく仲間入りしました。

再生後、お祖母さまの妹さまから、
おばあちゃんのお嫁入りの時の
桐たんすにまつわるお話を
初めて聞かれたそうです。
その内容を後日教えていただき、
一棹の桐たんすの中に、ご家族の
つながりや深い思いが秘められていて、
これからも桐たんすの中にどんどん
積み重なっていくことを想像し、
再生することができて、
本当に良かったなと改めて思いました。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。
その他の再生事例は、こちらをご覧ください。