桐タンス修理~台輪を直す

今日の桐箪笥の修理は何かなぁと、作業場を
のぞいてみると、
台輪を解体して修理をしているところでした。
台輪は、桐たんすの一番下の台の部分なのですが、
年数を経て歪みなどが生じ修理が必要なことが多いようです。。
時々、ねずみなどにかじられて欠けていることもあるんですよ。
桐たんすを支えてくれているので、台輪もしっかり直しています。


この部分が台輪です。

台輪とは?
改めて調べてみました。
『床に直に接する部分にあって、家具を支える枠組の台木。
下部の汚れを防ぎ、最下部の扉や引出しの開閉を容易にするほか、
床と下台との間に空間を作り、地板(床の板の部分)などの
狂いを防ぐ役割も果たします。
尚、台輪には、独立した枠とする場合と、家具本体に固定して
一体とする場合があります。』       住宅建築専門用語辞典より

桐タンスを支えたり、通気性を良くしたりするんだろうなぁと
思っていましたが、下の段の引出しなどを開け閉めしやすく
する役目もあるんですね。
台輪って大切な役割があるんですね。

話は戻って、台輪の修理の続きです。
木と木がきちんと組めるように、接合部分を微調整しています。

最後にボンドを付けてハタガネという道具を使って締め直します。

歪んで外れかけていた台輪も、しっかりと組み直してもらったので
桐タンスを安心して載せられます。

前の記事

ニラの花