桐タンス修理~角の面取り

なかなか台風一過とは言えない、
すっきりとしない天気が続いています。
体調の管理も難しく、昨夜はひどく疲れて、
いつもより早く布団に入りました。
私の場合は、睡眠が一番回復するようです。

さて、現在の桐箪笥修理です。

以前に再生修理されたことがある桐箪笥です。
本体前面の全ての角が、丸く大きく面取り
されていました。

桐は柔らかいため、特に古い桐タンスの角は
損傷が激しく、おそらく以前の修理の段階で、
傷や凹みを無くすために、丸く面が取られたように
見受けられました。

本来は、きちんと角が立っているものですので、
少し不自然な面取りが気になるため、
今回は、元の角の状態に戻す修理をします。


丸く面取りされたところをきれいに欠き取り、
似た木目の桐材を新たに入れます。

「総面取り」の桐たんすはデザイン的なもので、
美しいのですが、それ以外の角は、きちんと立って、
指で触った時に、痛くない程度に面が
取られているのが良いと思います。

できるだけ元の状態に戻すことは、
もちろんですが、こうすることで、
桐箪笥全体の佇まいが美しくなり、
きちんとしていて気持ちが良いと思います。

我が家は桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。桐たんす再生工房おおいしについては、
こちらをご覧ください。

前の記事

カボチャがゴロゴロ