桐タンス修理~木地修理中

寒いですね。
先日わずかな時間で降り積もった雪が、
屋根からドスンと音をたてて落ちています。
我が家は氷室のようで、本当に春が恋しいです。

さて、現在修理を行っている桐箪笥です。
本体に緩みが見られたため、調整しながら、
ハタガネで締め直しをしたところです。

こちらは、引出し前面のかけ部分の修理です。

修理箇所が目立たないように、三角形に欠き取ります。

三角の新しい桐材をはめて、
隙間がないように打ち込みます。

こちらは、引出しの上端部分です。
棚板と引出し上端の隙間を無くすため、
新たな桐材を足すところです。

斜め横から見ると、こんなかんじです。
足した上端は、少し余分に足しているので、
木地修理の終盤に本体に引出しを入れて、
削りながら引出しの仕込み直しをします。

こちらは、本体背板です。
材が縮んで割れが生じ、
木釘も緩んで効いていないので、
新しい木釘を入れて、打ち直しをします。
木釘の連打前です。

連打した後、のこで木釘の頭を引きます。
背板が本体にきちんと張り合さりました。
大まかな修理が終わると、次は細かな傷や
丸まった角の修復をしていきます。

我が家は、桐タンスの修理(洗い・削り直し)を
行っています。桐たんす再生工房おおいしについては、
こちらをご覧ください。